40代の出会いでは、どこのサイトに入会するか?

40代専門・中高年専門・熟年専門をうたっている出会い系サイトのほとんどはサクラばかりの悪徳出会い系サイトです。

とくに、デザインがほのぼのしていて、いかにも安全そうなサイトは、悪徳サイトである確率が格段に高い。

40代男性が出会いを探すなら、熟女だろうと人妻だろうと若い女の子だろうとやはりハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトでしかありません。無料という言葉に騙されてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

 ハッピーメール
言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール
ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

 PCMAX
PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

もりあげるチカラ、「共感力」で人妻GET!

人妻と会ううきっかけがない、なかなか会っても話が続かない、次の段階に進めない……そんな悩みを抱えていませんか?

わたしも昔は話が盛り上がらず、一人落ち込んで最終目標に辿り着けませんでした。

でも今は違います。

顔もスタイルもよくないわたしが、なぜ人妻との出会いに自信が持てるようになったのでしょう。

ずばり共感力を手に入れたからです!

共感力とは?

共感力とは「あなたの気持ちが私にはわかりますよ」という態度や言動をしめすことです。

しかし、どんな話題にも共感できる人はいませんし、嫌みにならないのはハッキリいって海千山千な経験豊富なプレイボーイでない限り無理です。

それよりも「この人ならわかって貰える」と思ってもらうことが大事。

だからこそ、簡単に「その気持ちわかりますよ」なんて言葉は使いません。出会いにおける「共感力」とは「この人なら安心できる」、「この人と一緒にいると心がやすらぐ」そういった気持ちを相手にもってもらうこと同じなのです。

人妻がたが不倫に走る、走りたくなる理由の一つに「自分の話をわかってくれない、わかろうとしてくれない」「興味をもってもらえない」そういった心に開いた溝を埋めてくれる温もりが欲しいということがあります。

心を開いてもらわない限り、次のステップには進むのは困難。

そのための共感力をどうつけるのかというと……。

共感力のつけかた・その方法とは?

ただ自分が女性の話の聞き役になり、時々「自分がそういう立場だったら……こう思う」とか「自分の彼女がこうだったら……こうする」など自分のこととして考えて、寄り添う言葉をかけてあげることの積み重ねです。

大事な「共感力アップ」ステップ

  1. 相手の好きな話や愚痴、悩みを少しずつ聴く
  2. どんどん話をしてもらうよう、「うん、うん」「それで?」「それから?」「どうして?」など興味を示し、疑問をなげかけ深掘りする
  3. 話の中で「自分だったらここに共感できる」という部分を見つける
  4. 「同じ経験をしていないけれど、わたしの彼女がそういう境遇ならこうしてあげたい」と間接的な話をする

この4つのステップを踏むことで、自然と人妻の味方だということを無意識に感じてもらうのが大事。

すると心を開いて「この人だったら私をわかってくれる」とまではいかなくても、話していて気持ちよくなってもらえるはず。

わたしの共感力のお陰で成功した体験

平凡なわたしがちょいエロな素敵な人妻をゲットした初めて出会い成功体験のお話をします。

それまで、出会うまでいっても業者だったり、ものすごく高飛車なおばさんだったり、散々な目に。そんな時、普通の主婦っぽい優しそうな人妻に出会うことができましたが、お茶するだけで、不倫どころか手すら触れることができず「もうやめよう」と思っていたとき……

人妻との待ち合せ前、時間があったので本屋のビジネス書のコーナーに「共感力」の本がありパラパラっと目を通していました。そこでなんとなく自分の腹におちたさきほどお話した4つのポイントに気を配り、その後デートの際、ポイント通り女性に接してみました。

その1時間後には普通の身持ちが堅そうな人妻が、ニコニコとわたしと会話を楽しんでいました。いままでの自分では考えられないことです。

そしてその2時間後には、一緒にベッドの中に……

もちろんお酒の力も少しは借りましたが、普通の人妻が「オンナ」になる時間を堪能させてもらいました。

たった1冊の本をパラパラとめくって、気をつけただけ。

それだけです。

その後、わたしが「やりたい」と思った人妻の恥ずかしい姿は見逃していません!

筋トレしたわけでもなく、髭脱毛にいったわけでもスタイリストをつけたわけでもありません。

ただただ「共感力」に気をつけただけ。

それだけで、自分の勝率が格段に上がったことは確実です。

まとめ:自分の話やネタがなくてもいい!相手の話に共感しよう

共感力と最初聞くと「難しそう」「面倒くさそう」だと思いがちですが、お金に換算すると風俗にいくと、数万飛びますよね?キャバ嬢とデートするにはもっとお金がかかりますよね。

それを考えたら、ちょっと気をつけるだけでコスパが高すぎる「共感力」を身につけないのはもったいなすぎます。

まずは相づちを打つこと、話題に関係した質問をすること、自分事として考える。ただ単に「人妻」に興味があるのではなく「その人妻に特別」に興味があるという気持ちを態度と言動で表すことが大事です。

自分がおもしろい話をしなきゃいけないと思うとなかなか、盛り上げるのは至難の技ですが、相手の話を盛り上げること。それに徹することは意外とやってみると簡単なんで、是非試してみてください。

いい出会いをモノにするには、自分のネタ披露も大事ですが、まずは相手の話をきいて盛り上げることを意識して次の段階に繋げましょう。

自分の一言で感謝もされてお互い気持ち良くもなれるので一度覚えてしまえば、win winの関係を築けられるので結果長く素敵な人妻と仲良くできますよ。

もはや40歳は若すぎる!? 70代で真面目な出会いを求める独身の男女が急増中

私が初めて40代を迎えたとき、どことなく「もうこれからの人生は消化試合なんだろうな」という心境でした。

エネルギッシュで快活だった若い頃はもう戻らず、あとはもう衰えゆく体力を実感しながら朽ち果てていくだけ……。そんな風に思ったものです。

しかし、いまではまったく違います。むしろ、若さに身を任せていた30代の頃よりも、よっぽど活発で充実した日々を過ごしている自負があります。

これは私だけではなく、現代社会において全体的なムーヴメントとして元気な中高年が増えているようです。趣味の幅が広がり、インターネットが普及したことで、中高年にとっても楽しめる場が増えたのでしょう。

中高年どころか、もはや老年期ともいえる60代や70代で出会いを求める人も増えているというのですから驚きです。

ときめき続けるシニアたち―――70代からの愛と恋

60代、70代の恋愛や結婚が珍しくなくなりつつある。エッセイストの阿川佐和子さん(63)が結婚を発表し、美容外科の高須克弥さん(72)も事実婚の状況をテレビなどで公開。実際、40〜70代で結婚した人の数は2000年に比べ、約1.5倍に増えている。高齢化が進むなか、中高年の「婚活」も活発になっている。シニア世代が恋愛に夢中になるのはなぜか。

元商社勤めで、今は退職し、年金生活を送る千葉県船橋市の西川省三さん(78)=仮名=は週に1度のペースで、食事や散歩などのデートを楽しんでいる。相手は、都内で小さな会社を営む三谷洋子さん(68)=仮名=だ。

西川さんの最初の結婚は1966年。半世紀近く連れ添ったが、3年前に妻は亡くなった。子どもは男女合わせて3人、現在はそれぞれ独立・結婚して別の場所に暮らす。

https://news.yahoo.co.jp/feature/636

出会い系での出会いといえば不倫や浮気といったイメージがつきまとってしまいますが、まじめな交際相手を探している人も多いのです。

今回は、そんな真面目な出会いを求めている中高年独身の人に向けた記事を書いてみたいと思います。

独身で登録している中高年も多い

ハッピーメールやワクワクメールでは相手のステータスを指定した検索ができます。

40代で既婚の人と独身の人を検索してみましたが、割合としては6:4くらいで既婚の人が多かったですね。

あなたがもし独身であれば、独身の人を探せば誰にはばかることなく、堂々とした出会いが楽しめるのです。

不倫や浮気をすることで味わえるスリルはスパイスになり、より刺激的な関係を楽しむことが出来ますが、社会的にリスクがありますからね。

もし自分の妻にバレたり、相手の夫にバレたりすれば、最悪の場合は離婚や慰謝料請求など、今後の人生を大きく左右してしまうことにもなりかねません。

しかし、独身同士であればそんな心配は一切必要ありません。自分の好きな時に電話やメールをし、出会いを重ねればいいのです。

当たり前のことかもしれませんが「出会い系といえば人妻との不倫! セックス!」という固定概念にとらわれていた自分にとっては新鮮な発見でしたね。

独身で登録している人は、真面目な出会いを探している人がほとんど

セックスを求めていそうな人妻はたくさんいましたが、セックスを求めていそうな独身の女性はあまり見受けられませんでした。

ほとんどの女性が真面目にプロフィールを書き、どんな男性を求めているかを詳細に書いていた印象です。

「あ、本来の出会い系ってこういうのだったかも……」と、思わず感じてしまうほどでしたね。

ハッピーメールやワクワクメールは援助交際や不倫の温床になっているイメージですが、きちんと真面目な出会い系としても機能しているようです。

私は独身ではないので実際にアプローチすることは出来ませんでしたね。なぜかといえば、既婚の男性はお断りしている人が多いからです。

人妻を探しているとたまに援デリ業者の人にも遭遇するのですが、その点において中高年の独身女性に設定している人はほぼ安全だといえるでしょう。

より効率よく客を集めたい援デリ業者が、わざわざ不人気なキャラクターに設定する必要性はないですからね。

もしあなたが独身でまじめな交際相手を探しているのであれば、出会い系はうってつけの場所であるといえます。

独身同士の付き合いであれば、セックスを焦ってはいけない

出会い系の常識は一般社会の非常識であることが多いのですが、独身同士の交際であれば一般社会の常識がそのまま適応されることでしょう。

会っていきなりセックスは人妻との出会いであれば常識的なレベルでよくある話ですが、独身同士であればNG行為であることは容易に想像がつきます。

まずは喫茶店などできちんとお話するところから始めるべきでしょう。まさに、普通の出会いをするべきなのです。

そして次回にデートをする約束を取り付け、一緒に映画をみたり、お散歩をしたり、美味しい食事をともにしたり……。と、ごくごく一般的な手順を踏むのです。

よく「3回目のデートでセックスするのが最適」なんて言われていますが、もう少し待ってみてもいいくらいですね。独身女性相手に「カラダ目当て」だと思われるのはマイナスでしかないのですから。

ただ、あまりにもセックスを後回しにするのもNGです。女性はあまりにも男性が手を出してこないと「私は女としての魅力がないのだろうか」と考えてしまうのです。

おそくても5回目のデートまでにはセックスに持ち込むようにしましょう。それで相手が受け入れるならそれでよし、もし相手がまだ拒むのであれば引きましょう。

セックスを求めたことで「私はあなたを女性として見ている」ことをアピールすることは出来たのですから、それで成功だと思いましょう。

連絡はマメにとること!

人妻との出会いであれば、連絡はなるべく少なくするのが普通です。連絡が多ければ多いほど、バレるリスクにつながってしまいますからね。

しかし、独身女性が相手であればマメな連絡が好まれることが多いです。なにしろ相手は間違いなく寂しい毎日を送っているのです。

40代にもなって一人暮らしをしているような環境であれば、常に誰かと話してつながっていたいはずなのですから。

1日1回だけ事務的に連絡をとるだけなんてのは絶対に駄目ですよ。仕事中だとしても、2~3分くらいは携帯電話をいじれる時間はつくれるものです。

短い文章でもいいので、連絡をしてあげましょう。すると女性は「忙しい仕事中でも私のことを気にかけてくれた」と、大いに喜ぶものです。

たまには電話をしてあげるのもいいでしょう。デジタルな文字でしかないメールに比べて、肉声や息遣いを感じられる電話はぐっと身近に感じるものです。

自分の年齢や、失敗することを気にしないことが大事

40代にしろ70代にしろ、自分の年齢を気にして引っ込み思案になってしまうことが一番よくありません。

相手を魅力的に思えたのであれば、年齢差がいくつであれアプローチしてみるべきなのです。20歳と40歳の20歳差は大きなものですが、50歳と70歳の20歳差はそう大きくもありません。

とりあえず声をかけてみればいいのです。返事がなければ次の女性を探すだけです。

歳をとると失敗を極端に恐れてしまうようになりがちです。もうこの歳になって自分が傷つく可能性のある行動をしたくない。そんな気持ちはよくわかります。

しかし、いま中高年で恋愛関係を楽しみ、充実した人生を送っている人の「すべて」はなにかに挑戦した人なのです。

挑戦もせずに、ただ待っているだけの人に幸せは訪れません。

フラれることは恥ずかしくてつらいことかもしれません。でも、それも最初だけですよ。数万人の男女がパートナーを探し合っている場所なのですから、すんなりとうまくいくほうが珍しいのです。

うまくいかないことが当たり前。その事実を受け入れることが出来たら、もはや恐れることはありません。

中高年になって独り身でいることの孤独感は想像に難くありません。しかし、一歩勇気をもって踏み出すだけで人生が一変するかもしれないのです。

そのチャンスは間違いなく目の前に落ちています。それを活かすか、潰すかはあなた次第なのです。

人妻や熟女と長期的な交際を続けるためのコツ

出会い系での出会いは短期で終わってしまうことが多いです。それこそ、一夜限りの関係も珍しくないですからね。

ただセックスがしたいだけならそれでもいいのですが「人との関わりをもちたい」という動機で出会い系に登録する人もいることでしょう。

むしろ、最近ではその傾向が増えているように感じます。

一昔前の出会い系に登録する人妻や熟女は、ほぼ全員がセックス目当てだったのですが、「人生を豊かにしたい」という目的で、長期的な交際相手を探している人もちらほらいるのです。

特に50歳60歳のような、すでに人生の折り返し地点をすぎている超熟女はこの傾向にありますね。

肉欲を満たすだけのセックスよりも、精神的な充足感を味わえるデートを重視する。女性だけでなく、男性でもこう考えて出会い系に登録する人は少なくないのではないでしょうか。

更年期になると、人との繋がりが薄れてくる

女性が閉経を迎えるあたりの時期を更年期と呼びます。おおよそ45歳前後が更年期の始まりだと言われていますね。

閉経を迎えることで女性には身体的にも精神的にも、さまざまな影響があると言われています。俗に言う「更年期障害」と呼ばれるものですね。

女性ホルモンの分泌が低下することで閉経を迎えるのですが、ホルモンのバランスが崩れることで「ほてり」や「動悸」、「頭痛やめまい」などといった症状がカラダに表れるそうです。

女性は生理中になるとイライラしやすくなることで知られていますが、更年期を迎えるとそのイライラ感がずっと持続してしまうこともあるんだとか。

さらに45歳といえば人生のターニングポイントでもあります。

子供がいるのであれば、そろそろ独り立ちを迎える時期でしょうし、夫婦の生活もこれまでと一変してしまうことでしょう。

子供が自立して一人暮らしをはじめ、家には夫と二人っきりの生活。これまでは子供がいたことでうまく回っていた部分や我慢していた部分が耐えきれなくなり、夫とは衝突してばかり。

そんな時は、誰かと一緒にいたくなるものです。ただ、そばにいてくれるだけでいい。そんな時間や関係を求めている女性は、想像以上に多いのかもしれません。

閉経を迎えることで性欲が増す人もいれば、落ちる人もいる

一般的なイメージとしては閉経を迎えた女性は性欲がなくなるものですが、なかには性欲が増す人もいるようです。

おそらく、性欲が増すタイプの熟女たちは出会い系でセックスを求めて、落ちるタイプの熟女は落ちついた関係を求めるのでしょう。

性欲が増している女性であれば簡単です。セックスさえすれば相手は満足するのですから、セックスを続けるだけで長期的な交際が出来ることでしょう。

性欲が落ちている相手であれば、セックスはあくまでもアクセント。人との繋がりを実感するコミュニケーションツールとしてセックスは優秀ですが、そればかりでは飽きられてしまうことでしょう。

セックスなしのデートや食事など、ちょっとした工夫が必要になることが多いですね。

若い女性はとにかく刺激が欲しくて、男をとっかえひっかえする傾向にありますが、熟女はひとりの男性に依存したがる傾向にあります。

熟女と長期的な交際を築くのは簡単

基本的には、40代以上の女性と長期的な交際を築くのは簡単です。勝手に向こうのほうから自分に溺れてくれることでしょう。

なにしろ「自分が女性として見てもらえる」だけで喜びを感じてしまうのです。世の中は熟女ブームだなんて言われていますが、実際の出会い系では40歳以上の女性は「余り物」になってしまっていることが多いです。

人との繋がりを求めて出会い系に登録したのに、出会い系ですら誰からも相手にされない……。そんなつらい思いをしているところに手を差し伸べてくれる男性がいたら「私にはこの人しかいない!」と思ってしまうのも無理はありませんよね。

そう思わせることが出来たとしたら、熟女との長期的な交際は約束されたようなものです。

長期的な交際はリスクもある

長期的な交際も良いことばかりではありません。長期ならではのリスクも存在します。

それは、関係がバレやすくなることです。自分の妻にバレるにしろ、交際相手が夫にバレるにしろ、長ければ長いほどそのリスクは増していきます。

仮に関係がバレる危険性が1日につき1パーセントだとしましょう。99個の白い玉と1個の赤い玉が入った袋から、毎日くじ引きをして、引いた玉はそのつど袋に戻すような感覚です。

もしそのくじ引きを100日続けた場合、バレるリスクはいったい何パーセントくらいになると思いますか?

当たりが1パーセントのくじを100回やるのだから、ほぼ確実にバレてしまうのでは? と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

100人が同じ事をした場合、当たりを引く人は100人中63人程度だと言われています。実に5人に3人程度しか当たらないのです。

これは当たりを1人で複数回引く人が存在するからなのですが、4割程度の人は当たりを引くことが出来ないというのはちょっと意外ですよね。

それなら長期的な交際も心配する必要がないな! と思うのは早計です。これが200回になれば当たりを引く人は86%まで跳ね上がりますし、300回ともなれば95%の確率で当たって(バレて)しまいます。

単純に確率でいうだけでも長期的な交際はリスクですが、交際を続けていくうちに「慣れて」しまうこともバレるリスクを上げる要因です。

おそらく、初めて不倫をする人はとても警戒をすることでしょう。メールなどの連絡履歴をこまめに消し、女性と会った帰りは女性の匂いがうつっていないかを確認し、ポッケの中に変なものが入っていないかチェックしてから帰宅……。

そんな警戒行動も、バレない日々が続いてくるとおざなりになってくるものです。浮気や不倫がバレる人というのは、おしなべて油断してしまった人なのですから。

長期になればなるほど、油断してしまうのは人間として致し方のない部分でもあります。

中にはひとりの異性と10年以上に渡って秘密の関係をキープする人がいますが、おそらくとても自分に厳しいストイックな人なのでしょうね。

別れる際、面倒になることも

また、交際が長期に渡れば渡るほど、別れにくくなるのもデメリットですね。

なんだかんだいっても、ずっと同じ女性と交際していると「飽き」が来てしまうものです。お互いに同じタイミングで飽きたのであれば穏便に別れることも出来ますが、女性が自分に強く依存していた場合は面倒なことになりかねません。

「私にはあなたしかいないの」

と、思ってもらえることはこちらにとって都合のいいことでもあれば、悪いことでもあるわけです。

私も一度、大変苦労したことがありました。誇張ではなく、泣きながら足にすがりつかれたのです。「あなたがいなくなったら、私はもう死ぬしかない!」と、大声で泣き叫ぶのです。

ひとまずその場は落ち着かせて、なんとかなだめて家に帰しましたが、メールがひっきりなしに届くのでそのままブロックしてしまいましたね。

幸い、こちらの個人情報はなにもわたしていなかったので事なきを得ましたが、もし電話番号や住所・本名を教えていたら……と、思うと今でもゾッとします。

その女性とは半年ほどの付き合いでしたが、1年や2年と交際を続けていたら、もっと執拗に調べられてストーカーになっていたかもしれません。

これがセフレであれば別れるのも簡単なのですが、真面目なお付き合いとなると別れるときがもっとも体力をつかいます。

短期には短期のメリットがある

出会い系での交際は、短期的な交際に向いているシステムだと言えるでしょう。

交際期間が短ければ短いほど浮気や不倫がバレるリスクは少ないですし、代わりの女性はいくらでもいますからね。

わたしがオススメしたいのは、まずは短期的な交際を前提として会い、お互いが気に入れば長期的な交際に偏移していくパターンです。

最初から長期的な交際を求めている女性を狙った場合、もし地雷ともいえる女性を引いてしまった場合は悲惨なことになりかねません。

まずはさっぱりとした関係からスタートし、徐々に親密で濃密な関係に変わっていく過程を楽しむことも出来ますからね。

短期交際のメリットを最大限に活かし、長期的な交際でしかえられない充足感も享受する。わたしが行き着いたもっともオススメの方法です。

出会い系では積極的に「ウソ」をついていきましょう

出会い系はウソばかりなところだと思っていてください。

たとえば女性の年齢。ほとんどの女性がサバを読んでいる前提でいるくらいで、丁度いいのです。

「20代後半というプロフィールなら実際は30代前半だろうな」くらいに思っておきましょう。

体重だってそうです。自己申告で普通体型であれば、やや太めであることが多いです。

本当に普通体型の人もいますが、私の経験ではちょっとぽっちゃりしている人が5割で、いやもうそれデブじゃない?という人が3割で、残りの2割でようやく普通と思える人でしたからね……。

女性のプロフィールはウソだらけ!

そのため、自己申告でぽっちゃりな人は、とんでもないデブである可能性が高いです。男がいうところのぽっちゃりとは「深田恭子」であり、「水卜麻美アナウンサー」といったところですよね。

しかし、出会い系の自称ぽっちゃりは「森三中」だったり「渡辺直美」レベルの逸材がゴロゴロと紛れているのですから、おそろしいところです。

顔写真だって、写真と実際に見た時ではまるで別人だった! なんてのもよくある話。

一昔前であれば、プリクラの写真はまったく信用に値しませんでしたね。もはやバケモノのような不自然な加工をされているのに、平気で送ってくるその神経を疑うレベルでした。

最近では、Snow というスマホの自撮りアプリが大ブームとなっています。技術の向上によってそれなりに自然な加工にはなりましたが、それでも肌をきれいにしたり、目を大きくしたりと、詐欺行為をやっていることはプリクラと変わりありません。

Snow ならではの機能としては顔の一部に動物のような加工をされて、元の顔がよくわからなくなる機能があります。

不思議なもので、顔の一部を隠した女性はなんとなく美人に見えてしまうのです。たとえば歯医者さんにいる歯科助手さんたち。なぜか彼女たちってすごく魅力的に見えるのですが、これはマスクによる効果が大きいと言われています。

なんでも、人間の脳は隠された部分を自分の都合のいいように理想化して脳内で補完してしまうせいなんだとか。自分にとって自信のある部位ならわざわざ隠す必要がありませんので、わざわざ隠されている部分は……お察しですよね。

口元を隠した写真を見て「かわいい!」と思っても、ちょっと落ち着いて話半分くらいに受け止めておくのがいいでしょう。

勝手に美化してハードルをあげてしまい、実物はまあまあなレベルだったとしても、期待とのギャップでガッカリしてしまうなんてことになったらもったいないですからね。

このように、女性のウソは会ってしまえばすぐにバレてしまうウソが多いです。つまり、見た目に関することが多いのです。

たしかに女性は見た目で判断されてしまう要素が多いので、戦略として致し方ないとも言えますからね……。明らかなウソを除いては、気づかないフリをしてあげるなど、寛大な心を持って許してあげるのが大事です。

もっとも、出会い系を長く続けているとウソをつかれる状況が当たり前になって、あまり気にならなくなりますけどね(笑)

男性だって、ウソをついてもいいじゃないか

では、男性のほうはどうでしょうか? 年齢に関してサバを読んでもあまり意味は無いと思われます。

女性の場合はどうしても若いほうが「価値」が上がる傾向になりますので、より若くサバを読みたくなるものですが、男性の場合はそうとも言い切れません。歳を重ねた男性の方が魅力的に感じる女性も多いのです。

とある哲学者によれば「女性の価値は、歳を重ねるにつれて減っていく。男性の価値は、歳を重ねるにつれて増えていく」といった趣旨の言葉があるんだとか。

乱暴な言葉ではありますが、経験を身につけた男性が魅力的に映るのは多くの人が感じることではないでしょうか。

それなら、年を増やすウソをつけばいいのか? と言われればそうではありません。女性にとっての年齢はメインの武器になりえますが、男性にとっての年齢はあくまでもサブの武器にしかならないからです。

女性にとっての年齢サバ読みがメイン武器であるとしたら、男性にとってのメイン武器はなんなのでしょうか?

それは……年収です。

女性は若ければ若いほどいい、と考える男性が多いように、男性の年収は高ければ高いほどいい、と考える女性も多いのです。

「別に結婚相手を探すわけじゃないし、年収を気にしても仕方ないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、年収の高い男性と付き合うことをステータスとしているのです。

例えるなら、ルイ・ヴィトンやシャネルなどの高級ブランド品のカバンや化粧品をもちたがるのと同じですね。

女性にとって交際相手は、自分を着飾るアクセサリーの一つでもあるのです。そのため、年収を高めに自己申告するのは、確実に食いつく女性を増やしてくれる武器になりうることでしょう。

ただ、仮に年収を1,000万としたなら、それなりの振る舞いを求められます。年収1,000万なのに初めて会った時から割り勘だったり、場所がファミレスだったりしたらさすがに興ざめされてしまうことでしょう。

これが年収400万ならそこまで違和感のある行動ではありませんが、1,000万ではおかしく思えてしまうものです。なにも高級レストランにつれていく必要はありませんが、最初の食事くらいは2人で飲み食いして5,000円くらいのところでおごってあげたほうがいいですね。

別に毎回おごってあげる必要はありませんよ。いくら年収が高いからといって、まだ付き合いの浅い女性の面倒を見るいわれはないのですから。

「今日は割り勘にしよう」と堂々と言えばいいのです。

申し訳なさそうに「ごめん、今日は割り勘でいいかな……?」なんて下から卑屈に言われてしまうと、女性側もあまり気持ちのいいものではありません。堂々とした態度だからこそ、高年収な雰囲気をかもしだしてウソに説得力を与えるのです。

仕事に関してもウソをついてみる

仕事の話題になったとき、馬鹿正直に今の仕事を伝えてしまうのは、個人情報の管理面から見てもリスクでしかありません。

「仕事? 普通のサラリーマンだよ」と言うのも無難でいいのですが、それではあまりにも普通すぎてプラスにもマイナスにもなりません。ここはひとつ、プラスになるウソをついてみるのも一興でしょう。

基本的に、女性に人気のある業種は「芸能・音楽関係」「広告関係」「金融関係」といったところでしょうか。

芸能関係の仕事をしているよ、とざっくり言うだけでも相手は「えっ、芸能関係なんだ! すごい!」と、食いついてくるものです。

女性からすれば、ただ漠然と業界のイメージに憧れているだけで、実際に何をしているかはよくわかってないのです。「具体的にどんな仕事をしているの?」と聞かれることになるでしょうが、そこはいくらでもぼやかすことが出来ます。

「今はちょっと新しい企画に関わっているから、メディアに公表されるまでは僕の口からは何も言えないんだ。とくにジャニーズ関係は情報漏えいにとても厳しいからね」

なんていっておけば、なんにも中身が無い受け答えにもかかわらず、女性は案外信用してくれるものです。そもそも、出会い系に登録しているような女性はちょっとおバカなくらいの子が多いのですから。

「たまにコンサートのチケットがもらえることがあるから、好きなアーティストとかいたら教えておいてね」と言っておけば何人もいる男のライバルを差し置いて、必ず貴方が一目置かれる存在になれることでしょう。

どうせ出会い系で遊ぶ女性なんてのは長くても数ヶ月の関係なのですから、嘘がバレる前に別れてしまうのがほとんどです。

ちなみに、私は芸能関係であるというウソをよくつかっていますが、その前に芸能事務所に関する書籍をいくつか読んで勉強しておきました(笑)たまにしれっと専門用語を混ぜてみたりすると信頼性が上がりますからね。

オススメなのはコンビニのマンガ棚によく置かれている「実録!芸能界のマル秘裏事情を暴露!!」のようなゲスいゴシップ雑誌です。

中身はほんとうにしょうもない嘘八百を並べただけの三流雑誌なのですが、それくらいが実にちょうどいいのです。

どうせ相手も一般市民なのですから、ウラを取るなんてことは不可能なのです。相手が聞いてて刺激的で楽しいウソをついてあげることで、より楽しませてあげるくらいのサービス精神でいましょう。

一度覚えてしまえばずっと使えることになるので、出会い系でたくさんの女性と遊んでみたい人にとってはオススメですよ。

セックスに関しては自信あふれる態度をとる

なにを目的に出会い系を利用しているかは人それぞれかもしれませんが、男性の大多数はセックスがしたくて登録しているのではないでしょうか? かくいう私もそうです。

では、いったいなにを「盛れば」よりセックスの確率をあげられるのか?

それは「セックスに対する自信」です。もう俺のセックスがいかに素晴らしいかを、豪語してください。

  • 俺のセックスでイカなかった女はいない
  • 潮を吹かせるのは当たり前
  • クンニを2時間続けて女性を失神させたことがある
  • 大きさは普通だけど、硬さは尋常じゃないレベル
  • すべての手マンを過去にする、ホンモノの手マンを味わわせてあげる

などなど、これまでに私がついてきた嘘八百がこちらです。

どれもこれも根拠のないデタラメなのですが、それでいいんです。だって、考えてもみてください。これらのウソがバレるのは、セックスを終えたあとなのです。

こちらの目的はセックスなのですから、目的を達成した後にウソがバレて嫌われたとしても、なんの問題もないのです。

このテクニックに気づいていない男性のなんと多いことか! バカ正直に「セックスは久々だから、緊張して失敗しちゃったらごめんね」なんて保険をかけている場合ではないんです。

セックスに関して自信なさげな男と、自信にあふれる男。人妻や熟女はただでさえ欲求不満なのです。そんな女性がどちらの男性を選ぶかといえば、考えるまでもないですよね。

出会い系のウソなんて、バレてもいいものだと考える

まともな人であれば、ウソをつくときはバレたときのリスクをまず考えます。

なるべくバレないように、もしバレたとしてもダメージの少ないウソを計算するのです。そうなると派手なウソはなかなかつきづらいものです。

しかし、出会い系であれば派手なウソほどメリットがあると思ってください。

出会い系は「化かし合いの場」です。真面目な交際相手や、結婚相手を探している人は別ですが、ただ遊び相手やセフレを探しているのであれば、積極的にウソをついていくべきです。

もしウソがバレたとしても、その人との関係が終わるだけです。実生活において悪影響は一切ありません。

そして、女は掃いて捨てるほど出会い系内に存在しているのですから。都合のいい理想化された自分だけを見せてセックスを楽しみ、ウソがバレそうになったらフェードアウトするだけです。

これを繰り返すだけで、驚くほど簡単にいろんな女とセックスできるのですから、バカ正直に出会い系をやっている人は、文字通りのバカに思えて仕方ありません。

この方法のメリットは、ウソを繰り返すうちにだんだんと板についてくるところもポイントです。

いろんな女性とセックスをする体験ができれば、信じられないくらい自分に自信がつきますし、平気な顔でウソをつけるようになります。

そして、そういう男ほどモテるのです。真面目で誠実な男より、ちょっとワルい男がモテるのと同じ理屈ですね。

ぜひ皆さんも、バカ正直な「いい人」の中で埋もれてしまうより、堂々とウソをつくことで出会いを効率よく楽しみましょう!

出会い系サイトで返信率をアップさせる意外な方法

出会い系サイトの中で一番お金がかかるのは、メールを送信することですね。

出会い系サイトによって1送信ごとの料金は異なりますが、相場は大体50円程度。

メールの返信率は3割程度といわれていますから、例えば10人に送ったら3人のみ返事が来ます。

50円×10人=500円

その内7人に送ったメールが意味のないものと考えると、350円は無駄に終わるという計算になります。

そして返事があった女性とやりとりを続けていると、いつの間にか返事が来なくなったり、なんか合わないなと思ってやり取りの継続が難しい女性も必ず出てきます。

そうなると、再び新しい女性にメールを送らなければいけない状況に……。

出会い系サイトを利用していると、そういったことの繰り返しになるので、どうしてもメールの無駄打ちというのは出てきます。

そこで考えたいのは、メールの返信率。返信率が高くなれば、それだけ無駄使いもなくなりますね。

しかし大半のケースでは、いきなり「友達になりましょう!」とお誘いメールを送るのが一般的。しかし、これではイケメンでもない限り、どうしても返信率は下がります。

そこで返信率をアップするのに有効活用したいのが、日記です!

日記のメリットとは

出会い系サイトでは、コンテンツとして日記を用意しているサイトが多いです。日記は普通にブログ感覚で、日々あったことなどを文章や写真を使って載せていくもの。

「日記なんて出会いに繋がるわけでもないし、書く意味がない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、実は日記経由で仲良くなってから、メッセージのやり取りをする男女も非常に多いんです!

しかも出会い系サイトの日記は閲覧無料でコメントの書き込みも無料というところが非常に多いです。日記きっかけで新たな出会いを見つけるのも一つの方法です。

また日記のメリットとして、素人女性を見つけやすいという点もあります。業者やサクラは手間の掛かる日記をほとんどやりませんから、素人女性を簡単に見つけるには日記はとても有効です。

日記の攻略法とは

基本的にどんな人にでもコメントしていいのですが、一番コメントしやすいのは、

  • 「はじめまして!」
  • 「初登録!」
  • 「初日記!」

などの書き込み。
相手もまだサイトに登録して間もない状況なので、固定の友達ができていない状況。

書き込めば、いち早く友達になれる可能性があります。書き込む内容は最初は簡単なもので十分です。

「はじめまして○○です。日記見させていただきました。お互い楽しみましょう!僕の日記も見てくださいね!」

こうやって書けば、特にメールを送らなくても友達関係に発展する可能性が高いです。また、すでにサイト利用が長い相手でも日記を見て、書き込むことが可能です。

例えば相手が日記に旅行や趣味のことを書いていたとしましょう。

そこでは少しでも自分に共通のものがあれば、そのことを書き込みましょう。そこをきっかけに仲良くなれます。

女性「先週は沖縄に旅行に行ってきました!天気に恵まれ、海も綺麗で最高だった!」

自分「はじめまして、初めて書き込みさせていただきます○○と申します。自分もつい最近沖縄に行ったので、ついつい書き込みをしてしまいました。沖縄最高ですよね。自分もまた行きたい!」

このように相手の日記を読んで自分の感想を書くと、それをきっかけに友達関係に発展していく可能性が高いです。

日記のやり取りに成功したらメールでお誘い!

日記でのやり取りに成功したら、その相手に直接メールで連絡を取ってみましょう。

日記でのやり取りはサイト利用者全員が閲覧できてしまうため、プライベートな会話を楽しめる場ではありません。日記の書き込みをお互いにするような関係になったらメールでやりとりしましょう。

お互いのことがわかっているので、そこで返事がもらえないという可能性は極めて低いはずです。このように日記を経由することで、圧倒的に返信率がアップします。

若干手間かもしれませんが、お金がかかるわけでもないのでお勧めの方法です。ちなみに日記は相手の日記に書き込むのも良いですが、自分自身の日記も書いておくのがお勧めです。

男性の場合は日記を書いても、見ず知らずの女性が見てくれることは少ないのですが、やりとりをきっかけに自分の日記も見てくれる女性が現れる可能性があります。

しかも日記は自分の素性を明かせる場所でもあるので、安心感を与え、相手との親密度がアップする重要なものです。

最初のうちは誰も見ないかもしれませんが、こまめに日記を書いておきましょう。そしてその内容はできるだけ、人間性がわかるようなプライベートな書き込みがお勧めです。

この方法を使えばポイント消費が圧倒的に減り、返信率もアップしますから一石二鳥です。なかなか返信が来なくて悩んでいる人はぜひ実践してみてください!

40代の中高年の魅力が詰まったブロフ写真の撮り方

出会い系サイトで「いい出会い」をつかむためには、プロフィールの写真を侮ってはいけません。

スマホやデジカメで簡単に写真が撮れる時代になり、10代、20代の若者は、写真を使ったコミュニケーションはお手のものです。

しかし、われわれ中高年はそうはいきません。

「写真を撮られると、魂を抜かれる」と思う人こそいなくなりましたが、やはり写真となるとちょっと身構えてしまいますよね。
手持ちの写真には、出会い系サイトのプロフ向きのいい写真がなく困っていませんか?

ならば、撮りましょう!今から出会い系サイトのプロフに最適な写真を撮ればいいんです!

本日は、40代の中高年の魅力が詰まったブロフ写真の撮り方をご紹介します。

1.出会い系サイトで好まれるプロフ写真

本人の写真

出会い系サイトでは、プロフに写真があることが好印象の第一歩です。

次に、ペットの動物やイラスト、風景写真ではなく、本人の写真であることも大切です。「自分の顔は自身がないから、うちのかわいいミーちゃん(ネコ4歳)で……」は、残念ながら減点です。ミーちゃんには別の機会に活躍してもらいましょう。

正面を向いた笑顔の写真

若者の写真で、スカした横顔やうつむき加減の写真を見かけますが、あれは諸刃の剣です。

「そうした写真を使う人=ナルシスト」という世間の評価は揺るぎないものがあり、若者であれば許されることであっても、40歳を超えた大人の男のナルには厳しい目が向けられてしまいます。

カメラに視線が合ったさわやかな笑顔の写真がベストです。

バストショットの写真

正面を向いた笑顔の写真であっても、それが遠くに小さく写ったものであれば、よく分かりません。また、ドアップでもインパクトが強すぎます。

ちょうど上半身が収まるバストショットの写真が良いでしょう。

きれいな背景の写真

背景は証明写真のように無地である必要はありません。

景色のいい屋外や、生活感があり過ぎない室内で撮られた写真のほうが、人物像が伝わりやすいかもしれません。

これらの基本条件を抑えたら、もう一工夫してみましょう。

趣味や好みがわかる写真

音楽が趣味であれば、楽器やオーディオと、車が好きであれば、自慢の愛車と一緒の写真もいいですね。しかし、注意しなければならないのは、これら趣味の自慢にならないようにすることです。

アニメやフィギアを床一面に広げて、その傍らで頬ずりしている写真や、筋トレルームで上半身裸のドヤ顔の写真などは、趣味や好みの部分が強調されすぎてしまいます。

あくまでも主役はあなた自身であることを忘れないようにしましょう。

2.どういう自分をアピールしたいのか考える

出会い系サイトでの、好まれるプロフ写真の基本要素をふまえて、どういう写真を撮るのか考えてみましょう。

あなたはどういう自分をアピールしたいですか?

ケース1:「45歳・独身 孤独なエンジニア 趣味はPCいじり 心の支えはネコのミーちゃん」

若干漂ってくる「陰湿臭」を払拭しましょう。

「エンジニア」、「PCいじり」は、女性には伝わりにくい魅力ですが、理系で草食系であれば、そこをアピールしましょう。そして最大の味方はミーちゃんです。さりげなく一緒に映り込んでもらいましょう。

ケース2:「53歳・妻子あり しがないサラリーマン 趣味はない あえて言うなら散歩」

若干漂ってくる「疲労臭」を払拭しましょう。どこもアピールする要素がないように思いますが、そんなことはありません!

絶好の散歩スポットで写真を撮りましょう。

ケース3:「58歳・別居中 趣味は身体作り スポーツなら何でもOK!」

若干漂ってくる「絶倫臭」を払拭しましょう。自慢の身体をアピールするのではなく、できれば女性も一緒に楽しめるスポーツを楽しむあなたをアピールしましょう。

3.中高年の魅力あふれるプロフ用の写真を撮ろう!

では、いよいよ撮影です。

撮影方法は大きく分けて2つ、「自撮り」か「誰かに撮ってもらうか」です。

自撮り・セルフタイマー

若者であれば誰しもが日常的に行っている「自撮り」ですが、中高年のなかには「自撮り未経験者」も少なくありません。

自撮りのいいところは、自分の気に入った表情や角度で写真を撮れることにあります。

人の目を気にすることなく、思う存分「自分のお気に入りの自分」を写真に撮ることができるのが「自撮り」なのです。

しかし、自撮りに慣れていないと「自撮りしている自分」を客観視してしまい、こっぱずかしくなってしまいます。思慮分別に富む中高年ならなおさらのことでしょう。

自撮りでいい写真を撮るコツは、この羞恥心を乗り越えることです。羞恥心がなくなるまで、何十枚、何百枚でも撮ってみましょう。

自撮りに慣れてくると、自分のお気に入りの表情や角度が見つかると思います。スカした表情もいいかもしませんが、出会い系サイトでは「笑顔」がマストです!

のどち〇こが見えそうな爆笑や、かすかに口角が上がった程度の微笑ではなく、ちゃんと「目」も笑っている写真にしましょう。

そのためには、スマホやカメラのレンズを見るのではなく、その先に自分の大好きなものがあるとイメージすると良いようです。

さらに少し勇気が必要ですが、屋外での自撮りも試してみましょう。天気のいい日の公園や、緑が美しい景色の写真は、それだけで見た人を爽やかな気持ちにします。

ただし屋外の場合は日光のあたり方に注意が必要です。顔に日があたる順光の場合は、まぶしくて目をつぶったようになってしまいます。また逆行では、顔が暗く写ってしまい表情が分かりません。日当たりや時間帯を工夫して、ベストショットを撮りましょう。

念を押しておきますが、これは自撮りです。あれこれ試す余裕はないこともお忘れなく。

誰かに撮ってもらう

何もないときに、いきなり「自分の写真を撮って」とは言いにくいものですが、お出かけやイベントの際はチャンスです!

積極的に自分の写真を撮ってもらいましょう。

顔が被ってしまうような大人数での写真は、プロフ用には使いにくいかもしれませんが、2~3人で移る写真なら、充分に活用できます。

また、こうして撮ってもらう写真は、自撮りよりも自然ないい表情になります。

また、腹を割って頼み事ができる相手がいる人は、「出会い系サイトのプロフ写真を撮ってくれ!」とお願いしてみましょう。あなたの切実な願いに協力してくれるかもしれませんよ。

4.掲載していい写真か吟味する

自分が撮った自分自身の写真だから、掲載には何も気にする必要はないように思いますが、少し慎重に考えましょう。

写真に個人情報が写り込んでいないか

自宅で撮った写真の場合、住所が特定できる郵便物などが写り込んでいる場合があります。

「小さいから分からないだろう」と安易に考えず、そうした写真は使用しないことです。

また、プロフの写真は多くの人が閲覧します。おおよその居住地が分ってしまう景色や情報(駅・店舗・建造物など)にも注意したほうがいいでしょう。

一緒に写っている人の掲載許可はとっているか

複数人で撮った写真を使用する場合は、基本的には一緒に写っている人に掲載の許可をとるべきです。

許可を得ないままに使用して、思わぬところでトラブルになってしまうこともあります。

「出会い系サイトに-」とは言いにくいので、「SNSにアップしてもいいか」と確認しておきましょう。

出会い系サイトのプロフの写真は、自分をアピールする重要なものです。

若者のマネをして、痛いプロフ写真にならないように、中高年ならではの魅力が詰まった写真にしましょう。

40代がモテている今だからこそ、自分に自信を持って積極的になりましょう

もし、いま日々の日常に「恋愛感情」や「ときめき」といった気持ちが不足している中高年男性のかたがこれをお読みでしたら、どうか知ってください。

2017年になった今、あなたが恋愛に積極的になるだけで、必ずと言ってもいいほど相手が見つかる状況なんです。

なのに、なぜ行動しないんですか?なにも街中の衆人環視の中でナンパをしろというわけじゃないんです。ただ出会い系に登録して好みの相手を探すだけでいいんです。

なんなら、メールが来るのを待つだけでも可能性はあるでしょう。それくらい、いまは中高年男性の出会いが求められていることを知っておくべきです。

中高年男性がモテることはデータとしても実証されているのです。

「3度目のモテ期」は40代でやってくるって本当か? アンケート調査してみた結果…

40代男性1000人へ事前調査したところ、40代でモテ期を経験した人は319人と実に3割。中年というハンディを考えればこの数字は破格だ。

「会社の後輩主催の合コンに呼ばれることがあるのですが、ガツガツしていないのが逆に新鮮なんでしょうね。トークも自分語りではなく、相手や部下を褒める。そうすると“余裕ある大人の男性”だと勝手に評価が上がっていき、この1年で20代のコと4人も付き合えました」(42歳・金融)

さらに、この40代モテ期は「人生3度目のモテ期」であることが36.7%と最多。1度目・2度目と合計すれば75%を超える。

つまり、「常にモテるイケメンではない普通の男性が、40代でなぜかモテだす」現象が起こっているのだ。

https://news.nifty.com/article/magazine/12193-20161204-1248355/

いかがでしょうか?ちょっと心当たりがあるかも……と感じた人もいるのではないでしょうか?ちなみに、私は思いっきり「ふつうの男性がなぜか40代でモテだす」パターンでした。

そもそもの話として、中高年男性は恋愛に積極的ではありません。それは「恋愛」というものにたいして、飽きていたり嫌になっていたりすることが多いからです。

  • 「もう恋愛は面倒くさい」
  • 「仕事が忙しくてそんなヒマがない」
  • 「性欲がなくて、セックスそのものにもうあまり興味が無い」

などなど。世の中の中高年男性の多くは、こういった理由で女性を求めていなかったり、最初から諦めていたりするのです。

求めている女性といえば、キャバ嬢のようなお金を払えばこちらを褒めて気持ちよくしてくれるだけの都合のいい存在なんです。あるいはオナニーのネタとしてのAV女優だったり。同年代の一般女性には目もくれないのが普通になりつつあります。

しかし、実はその同年代の一般女性こそ積極的に恋愛をしたがっていることが多いのです。女性の性欲は40歳あたりがピークであるとも言われています。さらに、専業主婦ともなれば人とのふれあいが極端に少ないのもあって、人肌恋しくなります。

抑えきれない性欲と、日常生活における人とのコミュニケーションへの飢え。それらが合わさることで「誰でもいいから、私を連れ去って!」と、まるで恋に恋い焦がれる乙女のような気持ちになってしまうのです。

男性はキャバクラなり風俗なりで、異性との会話や性的なコミュニケーション欲求を簡単に満たせますが、年配の女性はそうはいきませんよね。

ホストクラブの客層なんてのは若い風俗嬢がメインですし、出張ホストを呼ぶにしろ継続的な関係を考えたら大金がかかります。平均的なサラリーマンの家庭ではそんなホスト遊びする余裕なんてものもありません。

そんな迷える年配の女性たちが流れ着くのが出会い系なわけですね。

でも、そこには思ったほど同世代の男性はいないんです。一昔前であれば、女性というだけで出会い系ではちやほやされてありがたがられる存在でした。ですが、今はそれほどでもありません。

なにしろ出会い系に登録する女性が増え続ける一方なのに対し、男性のほうはといえば横ばいかむしろ減ってすらいます。

いつ効果がでるのかまったくわからないアベノミクスに加えて、トランプ大統領誕生による世界的な混乱への不安もあり、貯蓄傾向が強まっています。出会い系にお金や時間をつかうのがもったいないと考える男性も多いことでしょう。

だからこそ、会いやすさでいえば今が圧倒的に有利だと言えます。男性会員のライバルが減って女性会員が増えたことにより、男女バランスが均等になりつつあることも要因の一つですが、出会いに対して消極的な男性が増えていることがあげられます。

それは現実社会だけではなく、せっかく登録した出会い系の中においてすらそうなのです。特に中高年の男性は、登録してみたはいいものの「待ち」の体勢で自分から仕掛けることは少ないように思えます。

そこには、恋愛に対する恐怖心のようなものがあるのではないかと、私は思います。

中高年が恋愛を求めるのは恥ずかしいこと……そんな間違った認識をしていませんか?

中高年が恋愛に踏み出せない大きな理由として

  • こんな歳で相手を探しているだなんてみっともない……
  • いまさら恋愛に意欲的だなんて恥ずかしい……
  • もし、フラれたりしたら若いころとは違って立ち直れなさそう……
  • 相手ができるとは限らないから「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまいそう……

そんなネガティブな理由があげられます。あなたも思い当たるフシはありませんか?事実、中高年代でパートナーがいない男性・女性は最初から出会いを諦めてしまっている人たちがほとんどです。

まじめに出会いを探し始めた中高年代の方たちは、すでに恋愛相手をしっかり見つけて第二の人生を歩み始めているのですよ。

当たり前の話ですが、行動しなければ何も変わりません。いま、幸せな思いをしているひとは皆さんすべてが自ら幸せをつかみたいと思い、行動した結果なのです。

あなたはなにか行動を起こしましたか?「女性とセックスをしたい」という気持ちがあっても、どうせ自分にはもう無理だからと諦めて、アダルトビデオを借りてシコシコとオナニーをするだけで満足してしまっていませんか?

とはいっても、普段の生活において出会いの機会がそもそもないのもまた事実。若い世代であれば合コンや友だちの紹介などが自然とまいこんでくるものですが、中高年世代となるとなかなかそうもいきません。

今、中高年の出会いは男性も女性も、インターネットを通じた出会い系における出会いがメインとなっています。

もう一つの選択肢としては結婚相談所のような、中高年専門の出会い仲介サービスのようなものがありますが、これは結構な額の金額がかかる上に、自分の好みの女性がみつかることはめったにありません。

いくら「こういう女性がいいです」と詳細なプロフィールを伝えたとしても、紹介されてくる女性はそれからかけ離れた女性ばかり。どうにかして会員同士で当てはめようとしてくるので、望まない出会いを強制されてしまうこともしばしば。

悪質なところであればサクラのような架空の女性会員を紛れ込ませているところもあります。メールアドレスを交換するには別料金でいくらだの、優先的に会うことが出来る権利がいくらだのと、詐欺そのものな商売です。

その点、出会い系であればいつでもどこでも自分のペースで始められますし、こちらで紹介しているサイトは日本でもっとも有名で利用者の多い安全安心な出会い系です。わずか数千円程度の金額で、存分にお楽しみいただけます。

女性との出会いに何万円もかける必要はないのです。そんなお金があるのなら、女性とのデートにつかいましょう。

中高年の魅力はその経験からくる人間としての完成度

もし、あなたが自分の年齢が出会いに対してマイナスポイントになっていると思っているのなら、それは大きな誤解です。

むしろ、今の時代は40代以降の男性がすごく人気があるんです! 同年代の女性はもちろんのこと、若い女性の間でも中高年男性の魅力に気づく人が増えてきているのです。

わたしは昔、女性は若ければ若いほどいいものだと思っていました。いまもそういう考えを持つ男性は多いことでしょう。しかし、出会い系で中高年女性と出会うにつれてその考えはまるっきり変わることになりました。中高年女性……いわゆる熟女は素晴らしいです。

日本には大和撫子なんて言葉がありますが、いまその言葉に最も近いのはその年代だといえるでしょう。

これまでの人生経験から、自分の長所や短所をきちんと把握していて、相手の長所をすぐにみつけてくれる。そんな男を立ててくれるつつましい淑女なんてのは若い世代ではほとんどいないのですから。

中高年同士の出会いで「このひととは上手くいきそう」とお互いが感じた場合、それは長いお付き合いになる可能性が非常に高いです。

人が人との出会いを求めることはとても素晴らしいことですし、そこに年齢制限などは一切ありません。もういい歳だから……、と勝手に諦めてしまうのは、あまりにもったいなくて愚かなことなのです。

あなたがもし40歳だとしたら、人生はちょうど折り返しか少し過ぎたあたりになるかもしれません。

そんな人生の復路を歩むにつれて、自分の気持ちや感情を分かち合えるパートナーがいるといないとでは、充実度に大きな違いを生み出すことでしょう。等身大の自分をさらけ出すことができるパートナーの存在は、人生において必ずプラスになります。

最後にもう一度だけいいます。中高年が出会いを求めることは恥ずかしくも、みっともなくもありません。

むしろ素晴らしくて誇らしいことなのです。その気持ちは絶対に忘れないで下さいね。

出会い系サイトの30代人妻の魅力

もしもあなたが女性の年齢にこだわりがないのなら、出会い系サイトでは、30代の人妻を狙っていきましょう。

出会い系サイトでタマ数豊富な30代の人妻は、一度は味わってみたいボリュームゾーンです。

本日は、出会い系サイトの30代人妻の魅力を紹介しましょう。

30代人妻は、なんと言っても体がうずいている

女の30代、生物学的にこの時期は、女性の性的欲求がもっとも強まることが知られています。

松村圭子著「女性ホルモン美バランスの秘訣」では、女性の性欲のピークが以下のように紹介されています。

30代の人妻といえばその多くはすでに出産を済ませ、子供を幼稚園や小学校に通わせている人がほとんどです。

子供はまだまだ手のかかる年代ですが、それでも幼児期ほど目の離せない状態ではなくなっています。

まだ子育てから解放されているわけではありませんが、多少のゆとりが持てる段階に達しています。

しかもありがたいことに、幼稚園も学校も、家を留守にする時間がはっきりしていますから、子供を送り出したあとは、まとまった時間を享受できるのが、専業主婦の特権です。

出産を経て、体の疼いている人妻が時間を持てば、性的欲求が頭をもたげてくるのは自然な流れです。女体ほど自然に従順なものもありません。あらがうことが出来ない力に身を任せる他ないのです。

30代人妻は、うずいていても、旦那は相手にしてくれない

一方、30代を迎えた人妻の旦那は、年下を除けば30代後半、40代、さらには50代を迎えていたりする例も珍しくありません。

そのころになると単調な夫婦生活はマンネリ化して、もはや夜の生活も滞りがちです。社会の中で中核の世代に達した旦那は、家庭より仕事、自分の女房より外の女に多忙中です。

そうなると、うずいた体を持て余した人妻はたまりません。開発された身体は女として絶頂期を迎えているのに、相手をしてくれる男は他にいないのですから。

こんな状況が長く続けば、どんな人妻でも一度ならず浮気、不倫を真剣に考え出すのも、これまたごく自然な流れというものです。女体は自然に従順です。

この年代の人妻が浮気や不倫に走る一番の理由は、肉欲的な直接的な欲求から来ています。つまり、メンタルより体のうずきの解消が浮気に求められています。

もちろん女ですから表向き、寂しさであるとか、旦那への不満などを口にして来ることは常套ですが、体の芯のうずきが行動の原動力です。

30代の人妻の相手をする男の側としてはまさに、願ったり叶ったりの状況が整っているわけですね。

30代人妻は、相手がいないから出会い系に登録をしている

少子高齢化の昨今ですが、30代の人妻がどれくらいいるのか調べてみますと、600万人ほどいます。

そしてこの中で、専業主婦の割合は約4割と言われていますので、その数はざっと240万人ほどになるでしょうか。

これだけの数の人妻が、体の疼きに耐えながら家庭の中で暮らしているわけですね。一口に240万といってもすごい数です。

また、人間の社会には、”5パーセントルール”という法則があるのをご存知でしょうか。だいたい世の中で、世間一般の人たちの行動とは相反することを平気でし出すのは、全体の中の5パーセントくらいの人間であるという意味だそうです。

逆に言えば、どんな社会でも、そうした人は常に一定数いるというわけですね。

体がうずく240万人の人妻の内、普通の主婦にはまだ利用に抵抗があると思われる出会い系サイトに登録する数にも、5パーセントルールが適用されるとすれば、12万人くらいとなります。

12万人程度と見ても、相当の数に上ることが分かると思います。しかも、この12万人は固定されているわけではありません。20代の主婦もいずれは30代になるのであり、10年すれば中身は完全に入れ替わります。

つまり、常に新しく体が疼き始める30代の主婦が生産され続けているのです。

これだけの数の人妻が、相手がいないばかりに、出会い系サイトに登録をしているとしたら、少し頑張れば誰でもそのお相手が出来ることがお分かりになると思います。

実際に出会い系サイトを利用している感覚では、もっと多いような気もしますので、この年代の人妻をターゲットにすれば食べる相手に不足はないのです。

30代人妻は、出会い系に登録しているから食べられる

5パーセントルールで12万人に及ぶ30代の人妻が常にうずく身体を持て余して相手を探していることが分かりました。

とはいえ専業主婦は人間関係も限られています。体がうずくからといって、おいそれと限られた人間関係の中で性的欲求を解消しようにも、出来ない仕組みの中で生きているといえるかもしれません。

この仕組みの中から簡単に出ることの出来るツールが、30代の人妻達にとっては出会い系サイトになるわけです。

ですから出会い系サイトに登録をしていることはすなわち、体のうずきを解消する手段として、出会い系を活用することを決めていることに他なりません。

つまり、出会い系サイト登録が、やれるやれないのリトマス試験紙の役割を果たしているよなものですね。

出会い系に登録している30代の人妻は食べられるという結論に至るわけです。必ず食べられます。

美味しい30代の人妻を食べる要件はただひとつです。あなたご自身が出会い系サイトに登録をすることです!

中高年はSNSの友達を大事にしながら出会い系で遊ぶのがいい

定年退職後に始めたフェイスブック(以下FB)がきっかけで、彼女が見つかって楽しい余生を過ごしていたりするのを目にしても、今ではとくに驚くことではなくなりました。

だからといって、出会いを探している中高年の方に向かって「FBに代表されるSNSを始めれば、簡単に彼女が見つかりますよ」とは言い切れません。運よく見つかったとしてもそれは、偶然に過ぎないからです。

基本的にSNSは出会い系ではありません。女性の側にこの意識は意外に強く、それが出会いのさまたげになっている面も否定できません。

SNSユーザーで、「私は出会い系をやっているわけではない」という女性は少なくないのです。出会い系感覚でSNSを使っている男性ユーザーとは意識にへだたりがあります。

ただ、中高年の男性がSNSに登録すること自体は決して悪いことではありません。何故なら、女性の本音を知るのに役立つからです。しかし、確実に出会いを探すなら、SNSと並行して出会い系サイトに登録することがお勧めです。

当然ですよね。出会い系に抵抗があれば、出会い系には登録をしませんから、登録をしている時点ですでに、女性も出会う気満々です。SNSで出会いを探してもなかなかうまく行かない方は、この簡単な原理にまず気付いて欲しいと思います。

SNSの一年、出会い系の一日

FBを始めるとつい、自分の事をより知ってもらうために、こまめに更新をかけたくなるのが人情ですね。情報もたくさん出そうとします。

ところが、それを友達登録している女性ですら、鬱陶しく思っていることに気がつかない男性が多いようです。

中高年の方にありがちな律儀すぎる更新が、かえって出会いを遠ざけてしまっているとしたら、なんとも悲劇ですよね。

しかし女性の側からすると、中高年の方がターゲットにすることの多い熟女では多くが既婚であり、家族がいるわけですから、出会いを求めてはいても、そこにはある種の軽さが欲しいんです。

もうお分かりですよね。熟女は口ではまだ恋愛がしてみたいと言いながらも実際は、本質的な、気が重くなるような付き合いなど、最初から求めてはいないわけです。

そこで女性たちが目を向けるのが出会い系サイトなんだろうと思います。

事実、出会い系サイトでは、SNSほど自分を出す人はいません。中にはろくにプロフィールの作りこみさえしない人もいます。それで遊び始めても、場合によってはその日のうちに相手が見つかってしまう世界です。

一見ちゃらんぽらんに思えるかもしれませんが、実はそこに女性の求めているニーズがあるから、関係が成り立っていくわけです。

SNSで出来た「友達」とのやり取りはそれとして、そこでのコメントやチャットに退屈したらその合間に、出会い系サイトに登録をしてみてはいかがでしょうか。

SNSの更新を続けた1年が、出会い系に登録をした途端わずか1日に凝縮されたような体験が待っているかもしれません。

運を開くのはいつの時代も思い切った行動に出たときです。出会い系に登録を思い立った今がチャンスなのです。

悪徳な出会い系サイトを見極める3つの特徴

40代ともなれば「盛りのついた若い小僧とは違う!」なんて、悪徳な出会い系サイトに引っかからない自信がある人も多いのでは?

ですが、いくら人生経験豊かな男性であっても、残念ながら悪徳サイトの被害者になる恐れは十分にあり得ます。

そこで、悪徳な出会い系サイトがもつ本当の恐ろしさと、登録前に見極めるための3つの特徴をご紹介しましょう。

悪徳な出会い系サイトは絶対避けるべき

悪徳な出会い系サイトと聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか?

「女の子がサクラばかりで出会えない」と思い浮かんだ人は要注意。

実は、出会えないのはもちろんのこと、メルアドや画像収集、美人局的な風俗業者のユーザー、ワンクリック詐欺など金銭的被害に合うリスクこそ気を付けたい部分。

特に、経済的にゆとりのある40代男性は社会的制裁を恐れるあまり「面倒ごとは金で解決する方が早い」と思ってしまいがち。いわば、40代男性こそ恰好のターゲットとも言えるのです。

そのため、悪徳な出会い系サイトに申し込んで登録する前に、しっかり回避する知識を身につけなければいけません。

特徴1.とにかく宣伝文句が派手

悪質な出会い系サイトは当然、女性と出会って楽しむ場所を提供する気は最初からありません。
登録や利用料の課金、さらには退会時の違反金、そしてメールアドレスや画像など個人情報の収集が目的と言っても良いでしょう。

ターゲットとなるのはもちろん、女性との出会いを求める男性陣。

そのため男性の心をくすぐるために

  • サクラ一切なし!素人女性の登録が圧倒的!
  • 当サイトは男性よりも女性の利用者が多い!
  • すぐにヤレる欲求不満な女性が活用中!

といった、派手な宣伝文句を使ってきます。

中にはよく見ると、まだ出来立てホヤホヤなサイトにもかかわらず、なぜか

  • 「何年も利用しているけど、毎回必ずセックスまでいける!」
  • 「ここで見つけたセフレと3回目の誕生日を迎えることができました!」

なんて支離滅裂な口コミが公式サイトで紹介されていることも……。

大手出会い系サイトでもないのに、派手な宣伝をしまくるところは避けるのが賢明です。

特徴2.そのわりには広告を見ない

悪徳出会い系サイトは基本、使い捨てのような扱いで金を巻き上げて「詐欺サイトだ」「悪質サイトだ」と名前や噂が広がれば、あっという間に出会い系サイトの名前も変えてしまいます。

そのため大々的にサイトを宣伝するつもりもないどころか、宣伝されたら困るなんてことも…。

  • 「今、一番出会えるサイトはココ!」
  • 「女性利用者数〇万人突破!」

なんて言いながらも、広告を見かけない弱小出会い系サイトは注意するのが良いでしょう。

実際に、優良サイトでおなじみのワクワクメールやハッピーメールなどは、渋谷や新宿、六本木などでビル看板やラッピングカーを走らせ、雑誌での広告も打ちまくっているため、男女問わず認知度があります。

女性利用者を取り込むのに必要なはずの広告を、一切見ないサイトは気を付けてください。

特徴3.入会や退会、料金システムが謎

そして、本来なら登録する前に入会や退会の手順、各種料金プランなど説明書きが読めるのが常識。

「詳細は会員登録後」なんて書いてある出会い系サイトは、1桁間違っているような料金プランなんてことも……。

いざ登録した後に悪質サイトだとわかっても、退会に事務手数料や違約金という名目で金を巻き上げようとしてくることがあるので、登録前に詳細がわからないサイトは見切りをつけるのが正解です。

悪徳な出会い系サイトを見極める3つの特徴まとめ

悪質な出会い系サイトの特徴を知ると「登録する前に危険を察知して、回避する」という大切さが見えたかと思います。

経済的にも社会的にも良いポジションをもつ40代だからこそ、無用なトラブルを避けるのが賢い男のやり方。

ぜひ「自分は大丈夫だ」と過信せずに、悪質サイトを見極めてくださいね。手堅くいくなら、有名どころの大手出会い系サイトに登録するのが最も安全と言えるでしょう。