40代の出会いでは、どこのサイトに入会するか?

40代専門・中高年専門・熟年専門をうたっている出会い系サイトのほとんどはサクラばかりの悪徳出会い系サイトです。

とくに、デザインがほのぼのしていて、いかにも安全そうなサイトは、悪徳サイトである確率が格段に高い。

40代男性が出会いを探すなら、熟女だろうと人妻だろうと若い女の子だろうとやはりハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトでしかありません。無料という言葉に騙されてインチキ出会い系サイトに入会しないようにしてください。

 ハッピーメール
言わずと知れた出会い系サイトの王者ですね。会員数日本一の出会い系サイトです。プロフィール検索の「さらにこだわる」を選択し「交際ステータス」を「既婚」にすれば人妻だけを検索することができます。

 ワクワクメール
ハッピーメールと並んで、日本で2番めに有名な出会い系サイトですね。こちらも「交際ステータス」で「既婚」を選んで検索することが可能です。

 PCMAX
PCMAXは、説明の必要もないくらい有名ですね。プロフィール検索にそのものズバリ「不倫・浮気」というチェックボックスがあります。

出会い系サイトで返信率をアップさせる意外な方法

出会い系サイトの中で一番お金がかかるのは、メールを送信することですね。

出会い系サイトによって1送信ごとの料金は異なりますが、相場は大体50円程度。

メールの返信率は3割程度といわれていますから、例えば10人に送ったら3人のみ返事が来ます。

50円×10人=500円

その内7人に送ったメールが意味のないものと考えると、350円は無駄に終わるという計算になります。

そして返事があった女性とやりとりを続けていると、いつの間にか返事が来なくなったり、なんか合わないなと思ってやり取りの継続が難しい女性も必ず出てきます。

そうなると、再び新しい女性にメールを送らなければいけない状況に……。

出会い系サイトを利用していると、そういったことの繰り返しになるので、どうしてもメールの無駄打ちというのは出てきます。

そこで考えたいのは、メールの返信率。返信率が高くなれば、それだけ無駄使いもなくなりますね。

しかし大半のケースでは、いきなり「友達になりましょう!」とお誘いメールを送るのが一般的。しかし、これではイケメンでもない限り、どうしても返信率は下がります。

そこで返信率をアップするのに有効活用したいのが、日記です!

日記のメリットとは

出会い系サイトでは、コンテンツとして日記を用意しているサイトが多いです。日記は普通にブログ感覚で、日々あったことなどを文章や写真を使って載せていくもの。

「日記なんて出会いに繋がるわけでもないし、書く意味がない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、実は日記経由で仲良くなってから、メッセージのやり取りをする男女も非常に多いんです!

しかも出会い系サイトの日記は閲覧無料でコメントの書き込みも無料というところが非常に多いです。日記きっかけで新たな出会いを見つけるのも一つの方法です。

また日記のメリットとして、素人女性を見つけやすいという点もあります。業者やサクラは手間の掛かる日記をほとんどやりませんから、素人女性を簡単に見つけるには日記はとても有効です。

日記の攻略法とは

基本的にどんな人にでもコメントしていいのですが、一番コメントしやすいのは、

  • 「はじめまして!」
  • 「初登録!」
  • 「初日記!」

などの書き込み。
相手もまだサイトに登録して間もない状況なので、固定の友達ができていない状況。

書き込めば、いち早く友達になれる可能性があります。書き込む内容は最初は簡単なもので十分です。

「はじめまして○○です。日記見させていただきました。お互い楽しみましょう!僕の日記も見てくださいね!」

こうやって書けば、特にメールを送らなくても友達関係に発展する可能性が高いです。また、すでにサイト利用が長い相手でも日記を見て、書き込むことが可能です。

例えば相手が日記に旅行や趣味のことを書いていたとしましょう。

そこでは少しでも自分に共通のものがあれば、そのことを書き込みましょう。そこをきっかけに仲良くなれます。

女性「先週は沖縄に旅行に行ってきました!天気に恵まれ、海も綺麗で最高だった!」

自分「はじめまして、初めて書き込みさせていただきます○○と申します。自分もつい最近沖縄に行ったので、ついつい書き込みをしてしまいました。沖縄最高ですよね。自分もまた行きたい!」

このように相手の日記を読んで自分の感想を書くと、それをきっかけに友達関係に発展していく可能性が高いです。

日記のやり取りに成功したらメールでお誘い!

日記でのやり取りに成功したら、その相手に直接メールで連絡を取ってみましょう。

日記でのやり取りはサイト利用者全員が閲覧できてしまうため、プライベートな会話を楽しめる場ではありません。日記の書き込みをお互いにするような関係になったらメールでやりとりしましょう。

お互いのことがわかっているので、そこで返事がもらえないという可能性は極めて低いはずです。このように日記を経由することで、圧倒的に返信率がアップします。

若干手間かもしれませんが、お金がかかるわけでもないのでお勧めの方法です。ちなみに日記は相手の日記に書き込むのも良いですが、自分自身の日記も書いておくのがお勧めです。

男性の場合は日記を書いても、見ず知らずの女性が見てくれることは少ないのですが、やりとりをきっかけに自分の日記も見てくれる女性が現れる可能性があります。

しかも日記は自分の素性を明かせる場所でもあるので、安心感を与え、相手との親密度がアップする重要なものです。

最初のうちは誰も見ないかもしれませんが、こまめに日記を書いておきましょう。そしてその内容はできるだけ、人間性がわかるようなプライベートな書き込みがお勧めです。

この方法を使えばポイント消費が圧倒的に減り、返信率もアップしますから一石二鳥です。なかなか返信が来なくて悩んでいる人はぜひ実践してみてください!

40代の中高年の魅力が詰まったブロフ写真の撮り方

出会い系サイトで「いい出会い」をつかむためには、プロフィールの写真を侮ってはいけません。

スマホやデジカメで簡単に写真が撮れる時代になり、10代、20代の若者は、写真を使ったコミュニケーションはお手のものです。

しかし、われわれ中高年はそうはいきません。

「写真を撮られると、魂を抜かれる」と思う人こそいなくなりましたが、やはり写真となるとちょっと身構えてしまいますよね。
手持ちの写真には、出会い系サイトのプロフ向きのいい写真がなく困っていませんか?

ならば、撮りましょう!今から出会い系サイトのプロフに最適な写真を撮ればいいんです!

本日は、40代の中高年の魅力が詰まったブロフ写真の撮り方をご紹介します。

1.出会い系サイトで好まれるプロフ写真

本人の写真

出会い系サイトでは、プロフに写真があることが好印象の第一歩です。

次に、ペットの動物やイラスト、風景写真ではなく、本人の写真であることも大切です。「自分の顔は自身がないから、うちのかわいいミーちゃん(ネコ4歳)で……」は、残念ながら減点です。ミーちゃんには別の機会に活躍してもらいましょう。

正面を向いた笑顔の写真

若者の写真で、スカした横顔やうつむき加減の写真を見かけますが、あれは諸刃の剣です。

「そうした写真を使う人=ナルシスト」という世間の評価は揺るぎないものがあり、若者であれば許されることであっても、40歳を超えた大人の男のナルには厳しい目が向けられてしまいます。

カメラに視線が合ったさわやかな笑顔の写真がベストです。

バストショットの写真

正面を向いた笑顔の写真であっても、それが遠くに小さく写ったものであれば、よく分かりません。また、ドアップでもインパクトが強すぎます。

ちょうど上半身が収まるバストショットの写真が良いでしょう。

きれいな背景の写真

背景は証明写真のように無地である必要はありません。

景色のいい屋外や、生活感があり過ぎない室内で撮られた写真のほうが、人物像が伝わりやすいかもしれません。

これらの基本条件を抑えたら、もう一工夫してみましょう。

趣味や好みがわかる写真

音楽が趣味であれば、楽器やオーディオと、車が好きであれば、自慢の愛車と一緒の写真もいいですね。しかし、注意しなければならないのは、これら趣味の自慢にならないようにすることです。

アニメやフィギアを床一面に広げて、その傍らで頬ずりしている写真や、筋トレルームで上半身裸のドヤ顔の写真などは、趣味や好みの部分が強調されすぎてしまいます。

あくまでも主役はあなた自身であることを忘れないようにしましょう。

2.どういう自分をアピールしたいのか考える

出会い系サイトでの、好まれるプロフ写真の基本要素をふまえて、どういう写真を撮るのか考えてみましょう。

あなたはどういう自分をアピールしたいですか?

ケース1:「45歳・独身 孤独なエンジニア 趣味はPCいじり 心の支えはネコのミーちゃん」

若干漂ってくる「陰湿臭」を払拭しましょう。

「エンジニア」、「PCいじり」は、女性には伝わりにくい魅力ですが、理系で草食系であれば、そこをアピールしましょう。そして最大の味方はミーちゃんです。さりげなく一緒に映り込んでもらいましょう。

ケース2:「53歳・妻子あり しがないサラリーマン 趣味はない あえて言うなら散歩」

若干漂ってくる「疲労臭」を払拭しましょう。どこもアピールする要素がないように思いますが、そんなことはありません!

絶好の散歩スポットで写真を撮りましょう。

ケース3:「58歳・別居中 趣味は身体作り スポーツなら何でもOK!」

若干漂ってくる「絶倫臭」を払拭しましょう。自慢の身体をアピールするのではなく、できれば女性も一緒に楽しめるスポーツを楽しむあなたをアピールしましょう。

3.中高年の魅力あふれるプロフ用の写真を撮ろう!

では、いよいよ撮影です。

撮影方法は大きく分けて2つ、「自撮り」か「誰かに撮ってもらうか」です。

自撮り・セルフタイマー

若者であれば誰しもが日常的に行っている「自撮り」ですが、中高年のなかには「自撮り未経験者」も少なくありません。

自撮りのいいところは、自分の気に入った表情や角度で写真を撮れることにあります。

人の目を気にすることなく、思う存分「自分のお気に入りの自分」を写真に撮ることができるのが「自撮り」なのです。

しかし、自撮りに慣れていないと「自撮りしている自分」を客観視してしまい、こっぱずかしくなってしまいます。思慮分別に富む中高年ならなおさらのことでしょう。

自撮りでいい写真を撮るコツは、この羞恥心を乗り越えることです。羞恥心がなくなるまで、何十枚、何百枚でも撮ってみましょう。

自撮りに慣れてくると、自分のお気に入りの表情や角度が見つかると思います。スカした表情もいいかもしませんが、出会い系サイトでは「笑顔」がマストです!

のどち〇こが見えそうな爆笑や、かすかに口角が上がった程度の微笑ではなく、ちゃんと「目」も笑っている写真にしましょう。

そのためには、スマホやカメラのレンズを見るのではなく、その先に自分の大好きなものがあるとイメージすると良いようです。

さらに少し勇気が必要ですが、屋外での自撮りも試してみましょう。天気のいい日の公園や、緑が美しい景色の写真は、それだけで見た人を爽やかな気持ちにします。

ただし屋外の場合は日光のあたり方に注意が必要です。顔に日があたる順光の場合は、まぶしくて目をつぶったようになってしまいます。また逆行では、顔が暗く写ってしまい表情が分かりません。日当たりや時間帯を工夫して、ベストショットを撮りましょう。

念を押しておきますが、これは自撮りです。あれこれ試す余裕はないこともお忘れなく。

誰かに撮ってもらう

何もないときに、いきなり「自分の写真を撮って」とは言いにくいものですが、お出かけやイベントの際はチャンスです!

積極的に自分の写真を撮ってもらいましょう。

顔が被ってしまうような大人数での写真は、プロフ用には使いにくいかもしれませんが、2~3人で移る写真なら、充分に活用できます。

また、こうして撮ってもらう写真は、自撮りよりも自然ないい表情になります。

また、腹を割って頼み事ができる相手がいる人は、「出会い系サイトのプロフ写真を撮ってくれ!」とお願いしてみましょう。あなたの切実な願いに協力してくれるかもしれませんよ。

4.掲載していい写真か吟味する

自分が撮った自分自身の写真だから、掲載には何も気にする必要はないように思いますが、少し慎重に考えましょう。

写真に個人情報が写り込んでいないか

自宅で撮った写真の場合、住所が特定できる郵便物などが写り込んでいる場合があります。

「小さいから分からないだろう」と安易に考えず、そうした写真は使用しないことです。

また、プロフの写真は多くの人が閲覧します。おおよその居住地が分ってしまう景色や情報(駅・店舗・建造物など)にも注意したほうがいいでしょう。

一緒に写っている人の掲載許可はとっているか

複数人で撮った写真を使用する場合は、基本的には一緒に写っている人に掲載の許可をとるべきです。

許可を得ないままに使用して、思わぬところでトラブルになってしまうこともあります。

「出会い系サイトに-」とは言いにくいので、「SNSにアップしてもいいか」と確認しておきましょう。

出会い系サイトのプロフの写真は、自分をアピールする重要なものです。

若者のマネをして、痛いプロフ写真にならないように、中高年ならではの魅力が詰まった写真にしましょう。

40代がモテている今だからこそ、自分に自信を持って積極的になりましょう

もし、いま日々の日常に「恋愛感情」や「ときめき」といった気持ちが不足している中高年男性のかたがこれをお読みでしたら、どうか知ってください。

2017年になった今、あなたが恋愛に積極的になるだけで、必ずと言ってもいいほど相手が見つかる状況なんです。

なのに、なぜ行動しないんですか?なにも街中の衆人環視の中でナンパをしろというわけじゃないんです。ただ出会い系に登録して好みの相手を探すだけでいいんです。

なんなら、メールが来るのを待つだけでも可能性はあるでしょう。それくらい、いまは中高年男性の出会いが求められていることを知っておくべきです。

中高年男性がモテることはデータとしても実証されているのです。

「3度目のモテ期」は40代でやってくるって本当か? アンケート調査してみた結果…

40代男性1000人へ事前調査したところ、40代でモテ期を経験した人は319人と実に3割。中年というハンディを考えればこの数字は破格だ。

「会社の後輩主催の合コンに呼ばれることがあるのですが、ガツガツしていないのが逆に新鮮なんでしょうね。トークも自分語りではなく、相手や部下を褒める。そうすると“余裕ある大人の男性”だと勝手に評価が上がっていき、この1年で20代のコと4人も付き合えました」(42歳・金融)

さらに、この40代モテ期は「人生3度目のモテ期」であることが36.7%と最多。1度目・2度目と合計すれば75%を超える。

つまり、「常にモテるイケメンではない普通の男性が、40代でなぜかモテだす」現象が起こっているのだ。

https://news.nifty.com/article/magazine/12193-20161204-1248355/

いかがでしょうか?ちょっと心当たりがあるかも……と感じた人もいるのではないでしょうか?ちなみに、私は思いっきり「ふつうの男性がなぜか40代でモテだす」パターンでした。

そもそもの話として、中高年男性は恋愛に積極的ではありません。それは「恋愛」というものにたいして、飽きていたり嫌になっていたりすることが多いからです。

  • 「もう恋愛は面倒くさい」
  • 「仕事が忙しくてそんなヒマがない」
  • 「性欲がなくて、セックスそのものにもうあまり興味が無い」

などなど。世の中の中高年男性の多くは、こういった理由で女性を求めていなかったり、最初から諦めていたりするのです。

求めている女性といえば、キャバ嬢のようなお金を払えばこちらを褒めて気持ちよくしてくれるだけの都合のいい存在なんです。あるいはオナニーのネタとしてのAV女優だったり。同年代の一般女性には目もくれないのが普通になりつつあります。

しかし、実はその同年代の一般女性こそ積極的に恋愛をしたがっていることが多いのです。女性の性欲は40歳あたりがピークであるとも言われています。さらに、専業主婦ともなれば人とのふれあいが極端に少ないのもあって、人肌恋しくなります。

抑えきれない性欲と、日常生活における人とのコミュニケーションへの飢え。それらが合わさることで「誰でもいいから、私を連れ去って!」と、まるで恋に恋い焦がれる乙女のような気持ちになってしまうのです。

男性はキャバクラなり風俗なりで、異性との会話や性的なコミュニケーション欲求を簡単に満たせますが、年配の女性はそうはいきませんよね。

ホストクラブの客層なんてのは若い風俗嬢がメインですし、出張ホストを呼ぶにしろ継続的な関係を考えたら大金がかかります。平均的なサラリーマンの家庭ではそんなホスト遊びする余裕なんてものもありません。

そんな迷える年配の女性たちが流れ着くのが出会い系なわけですね。

でも、そこには思ったほど同世代の男性はいないんです。一昔前であれば、女性というだけで出会い系ではちやほやされてありがたがられる存在でした。ですが、今はそれほどでもありません。

なにしろ出会い系に登録する女性が増え続ける一方なのに対し、男性のほうはといえば横ばいかむしろ減ってすらいます。

いつ効果がでるのかまったくわからないアベノミクスに加えて、トランプ大統領誕生による世界的な混乱への不安もあり、貯蓄傾向が強まっています。出会い系にお金や時間をつかうのがもったいないと考える男性も多いことでしょう。

だからこそ、会いやすさでいえば今が圧倒的に有利だと言えます。男性会員のライバルが減って女性会員が増えたことにより、男女バランスが均等になりつつあることも要因の一つですが、出会いに対して消極的な男性が増えていることがあげられます。

それは現実社会だけではなく、せっかく登録した出会い系の中においてすらそうなのです。特に中高年の男性は、登録してみたはいいものの「待ち」の体勢で自分から仕掛けることは少ないように思えます。

そこには、恋愛に対する恐怖心のようなものがあるのではないかと、私は思います。

中高年が恋愛を求めるのは恥ずかしいこと……そんな間違った認識をしていませんか?

中高年が恋愛に踏み出せない大きな理由として

  • こんな歳で相手を探しているだなんてみっともない……
  • いまさら恋愛に意欲的だなんて恥ずかしい……
  • もし、フラれたりしたら若いころとは違って立ち直れなさそう……
  • 相手ができるとは限らないから「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまいそう……

そんなネガティブな理由があげられます。あなたも思い当たるフシはありませんか?事実、中高年代でパートナーがいない男性・女性は最初から出会いを諦めてしまっている人たちがほとんどです。

まじめに出会いを探し始めた中高年代の方たちは、すでに恋愛相手をしっかり見つけて第二の人生を歩み始めているのですよ。

当たり前の話ですが、行動しなければ何も変わりません。いま、幸せな思いをしているひとは皆さんすべてが自ら幸せをつかみたいと思い、行動した結果なのです。

あなたはなにか行動を起こしましたか?「女性とセックスをしたい」という気持ちがあっても、どうせ自分にはもう無理だからと諦めて、アダルトビデオを借りてシコシコとオナニーをするだけで満足してしまっていませんか?

とはいっても、普段の生活において出会いの機会がそもそもないのもまた事実。若い世代であれば合コンや友だちの紹介などが自然とまいこんでくるものですが、中高年世代となるとなかなかそうもいきません。

今、中高年の出会いは男性も女性も、インターネットを通じた出会い系における出会いがメインとなっています。

もう一つの選択肢としては結婚相談所のような、中高年専門の出会い仲介サービスのようなものがありますが、これは結構な額の金額がかかる上に、自分の好みの女性がみつかることはめったにありません。

いくら「こういう女性がいいです」と詳細なプロフィールを伝えたとしても、紹介されてくる女性はそれからかけ離れた女性ばかり。どうにかして会員同士で当てはめようとしてくるので、望まない出会いを強制されてしまうこともしばしば。

悪質なところであればサクラのような架空の女性会員を紛れ込ませているところもあります。メールアドレスを交換するには別料金でいくらだの、優先的に会うことが出来る権利がいくらだのと、詐欺そのものな商売です。

その点、出会い系であればいつでもどこでも自分のペースで始められますし、こちらで紹介しているサイトは日本でもっとも有名で利用者の多い安全安心な出会い系です。わずか数千円程度の金額で、存分にお楽しみいただけます。

女性との出会いに何万円もかける必要はないのです。そんなお金があるのなら、女性とのデートにつかいましょう。

中高年の魅力はその経験からくる人間としての完成度

もし、あなたが自分の年齢が出会いに対してマイナスポイントになっていると思っているのなら、それは大きな誤解です。

むしろ、今の時代は40代以降の男性がすごく人気があるんです! 同年代の女性はもちろんのこと、若い女性の間でも中高年男性の魅力に気づく人が増えてきているのです。

わたしは昔、女性は若ければ若いほどいいものだと思っていました。いまもそういう考えを持つ男性は多いことでしょう。しかし、出会い系で中高年女性と出会うにつれてその考えはまるっきり変わることになりました。中高年女性……いわゆる熟女は素晴らしいです。

日本には大和撫子なんて言葉がありますが、いまその言葉に最も近いのはその年代だといえるでしょう。

これまでの人生経験から、自分の長所や短所をきちんと把握していて、相手の長所をすぐにみつけてくれる。そんな男を立ててくれるつつましい淑女なんてのは若い世代ではほとんどいないのですから。

中高年同士の出会いで「このひととは上手くいきそう」とお互いが感じた場合、それは長いお付き合いになる可能性が非常に高いです。

人が人との出会いを求めることはとても素晴らしいことですし、そこに年齢制限などは一切ありません。もういい歳だから……、と勝手に諦めてしまうのは、あまりにもったいなくて愚かなことなのです。

あなたがもし40歳だとしたら、人生はちょうど折り返しか少し過ぎたあたりになるかもしれません。

そんな人生の復路を歩むにつれて、自分の気持ちや感情を分かち合えるパートナーがいるといないとでは、充実度に大きな違いを生み出すことでしょう。等身大の自分をさらけ出すことができるパートナーの存在は、人生において必ずプラスになります。

最後にもう一度だけいいます。中高年が出会いを求めることは恥ずかしくも、みっともなくもありません。

むしろ素晴らしくて誇らしいことなのです。その気持ちは絶対に忘れないで下さいね。

出会い系サイトの30代人妻の魅力

もしもあなたが女性の年齢にこだわりがないのなら、出会い系サイトでは、30代の人妻を狙っていきましょう。

出会い系サイトでタマ数豊富な30代の人妻は、一度は味わってみたいボリュームゾーンです。

本日は、出会い系サイトの30代人妻の魅力を紹介しましょう。

30代人妻は、なんと言っても体がうずいている

女の30代、生物学的にこの時期は、女性の性的欲求がもっとも強まることが知られています。

松村圭子著「女性ホルモン美バランスの秘訣」では、女性の性欲のピークが以下のように紹介されています。

30代の人妻といえばその多くはすでに出産を済ませ、子供を幼稚園や小学校に通わせている人がほとんどです。

子供はまだまだ手のかかる年代ですが、それでも幼児期ほど目の離せない状態ではなくなっています。

まだ子育てから解放されているわけではありませんが、多少のゆとりが持てる段階に達しています。

しかもありがたいことに、幼稚園も学校も、家を留守にする時間がはっきりしていますから、子供を送り出したあとは、まとまった時間を享受できるのが、専業主婦の特権です。

出産を経て、体の疼いている人妻が時間を持てば、性的欲求が頭をもたげてくるのは自然な流れです。女体ほど自然に従順なものもありません。あらがうことが出来ない力に身を任せる他ないのです。

30代人妻は、うずいていても、旦那は相手にしてくれない

一方、30代を迎えた人妻の旦那は、年下を除けば30代後半、40代、さらには50代を迎えていたりする例も珍しくありません。

そのころになると単調な夫婦生活はマンネリ化して、もはや夜の生活も滞りがちです。社会の中で中核の世代に達した旦那は、家庭より仕事、自分の女房より外の女に多忙中です。

そうなると、うずいた体を持て余した人妻はたまりません。開発された身体は女として絶頂期を迎えているのに、相手をしてくれる男は他にいないのですから。

こんな状況が長く続けば、どんな人妻でも一度ならず浮気、不倫を真剣に考え出すのも、これまたごく自然な流れというものです。女体は自然に従順です。

この年代の人妻が浮気や不倫に走る一番の理由は、肉欲的な直接的な欲求から来ています。つまり、メンタルより体のうずきの解消が浮気に求められています。

もちろん女ですから表向き、寂しさであるとか、旦那への不満などを口にして来ることは常套ですが、体の芯のうずきが行動の原動力です。

30代の人妻の相手をする男の側としてはまさに、願ったり叶ったりの状況が整っているわけですね。

30代人妻は、相手がいないから出会い系に登録をしている

少子高齢化の昨今ですが、30代の人妻がどれくらいいるのか調べてみますと、600万人ほどいます。

そしてこの中で、専業主婦の割合は約4割と言われていますので、その数はざっと240万人ほどになるでしょうか。

これだけの数の人妻が、体の疼きに耐えながら家庭の中で暮らしているわけですね。一口に240万といってもすごい数です。

また、人間の社会には、”5パーセントルール”という法則があるのをご存知でしょうか。だいたい世の中で、世間一般の人たちの行動とは相反することを平気でし出すのは、全体の中の5パーセントくらいの人間であるという意味だそうです。

逆に言えば、どんな社会でも、そうした人は常に一定数いるというわけですね。

体がうずく240万人の人妻の内、普通の主婦にはまだ利用に抵抗があると思われる出会い系サイトに登録する数にも、5パーセントルールが適用されるとすれば、12万人くらいとなります。

12万人程度と見ても、相当の数に上ることが分かると思います。しかも、この12万人は固定されているわけではありません。20代の主婦もいずれは30代になるのであり、10年すれば中身は完全に入れ替わります。

つまり、常に新しく体が疼き始める30代の主婦が生産され続けているのです。

これだけの数の人妻が、相手がいないばかりに、出会い系サイトに登録をしているとしたら、少し頑張れば誰でもそのお相手が出来ることがお分かりになると思います。

実際に出会い系サイトを利用している感覚では、もっと多いような気もしますので、この年代の人妻をターゲットにすれば食べる相手に不足はないのです。

30代人妻は、出会い系に登録しているから食べられる

5パーセントルールで12万人に及ぶ30代の人妻が常にうずく身体を持て余して相手を探していることが分かりました。

とはいえ専業主婦は人間関係も限られています。体がうずくからといって、おいそれと限られた人間関係の中で性的欲求を解消しようにも、出来ない仕組みの中で生きているといえるかもしれません。

この仕組みの中から簡単に出ることの出来るツールが、30代の人妻達にとっては出会い系サイトになるわけです。

ですから出会い系サイトに登録をしていることはすなわち、体のうずきを解消する手段として、出会い系を活用することを決めていることに他なりません。

つまり、出会い系サイト登録が、やれるやれないのリトマス試験紙の役割を果たしているよなものですね。

出会い系に登録している30代の人妻は食べられるという結論に至るわけです。必ず食べられます。

美味しい30代の人妻を食べる要件はただひとつです。あなたご自身が出会い系サイトに登録をすることです!

中高年はSNSの友達を大事にしながら出会い系で遊ぶのがいい

定年退職後に始めたフェイスブック(以下FB)がきっかけで、彼女が見つかって楽しい余生を過ごしていたりするのを目にしても、今ではとくに驚くことではなくなりました。

だからといって、出会いを探している中高年の方に向かって「FBに代表されるSNSを始めれば、簡単に彼女が見つかりますよ」とは言い切れません。運よく見つかったとしてもそれは、偶然に過ぎないからです。

基本的にSNSは出会い系ではありません。女性の側にこの意識は意外に強く、それが出会いのさまたげになっている面も否定できません。

SNSユーザーで、「私は出会い系をやっているわけではない」という女性は少なくないのです。出会い系感覚でSNSを使っている男性ユーザーとは意識にへだたりがあります。

ただ、中高年の男性がSNSに登録すること自体は決して悪いことではありません。何故なら、女性の本音を知るのに役立つからです。しかし、確実に出会いを探すなら、SNSと並行して出会い系サイトに登録することがお勧めです。

当然ですよね。出会い系に抵抗があれば、出会い系には登録をしませんから、登録をしている時点ですでに、女性も出会う気満々です。SNSで出会いを探してもなかなかうまく行かない方は、この簡単な原理にまず気付いて欲しいと思います。

SNSの一年、出会い系の一日

FBを始めるとつい、自分の事をより知ってもらうために、こまめに更新をかけたくなるのが人情ですね。情報もたくさん出そうとします。

ところが、それを友達登録している女性ですら、鬱陶しく思っていることに気がつかない男性が多いようです。

中高年の方にありがちな律儀すぎる更新が、かえって出会いを遠ざけてしまっているとしたら、なんとも悲劇ですよね。

しかし女性の側からすると、中高年の方がターゲットにすることの多い熟女では多くが既婚であり、家族がいるわけですから、出会いを求めてはいても、そこにはある種の軽さが欲しいんです。

もうお分かりですよね。熟女は口ではまだ恋愛がしてみたいと言いながらも実際は、本質的な、気が重くなるような付き合いなど、最初から求めてはいないわけです。

そこで女性たちが目を向けるのが出会い系サイトなんだろうと思います。

事実、出会い系サイトでは、SNSほど自分を出す人はいません。中にはろくにプロフィールの作りこみさえしない人もいます。それで遊び始めても、場合によってはその日のうちに相手が見つかってしまう世界です。

一見ちゃらんぽらんに思えるかもしれませんが、実はそこに女性の求めているニーズがあるから、関係が成り立っていくわけです。

SNSで出来た「友達」とのやり取りはそれとして、そこでのコメントやチャットに退屈したらその合間に、出会い系サイトに登録をしてみてはいかがでしょうか。

SNSの更新を続けた1年が、出会い系に登録をした途端わずか1日に凝縮されたような体験が待っているかもしれません。

運を開くのはいつの時代も思い切った行動に出たときです。出会い系に登録を思い立った今がチャンスなのです。

悪徳な出会い系サイトを見極める3つの特徴

40代ともなれば「盛りのついた若い小僧とは違う!」なんて、悪徳な出会い系サイトに引っかからない自信がある人も多いのでは?

ですが、いくら人生経験豊かな男性であっても、残念ながら悪徳サイトの被害者になる恐れは十分にあり得ます。

そこで、悪徳な出会い系サイトがもつ本当の恐ろしさと、登録前に見極めるための3つの特徴をご紹介しましょう。

悪徳な出会い系サイトは絶対避けるべき

悪徳な出会い系サイトと聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか?

「女の子がサクラばかりで出会えない」と思い浮かんだ人は要注意。

実は、出会えないのはもちろんのこと、メルアドや画像収集、美人局的な風俗業者のユーザー、ワンクリック詐欺など金銭的被害に合うリスクこそ気を付けたい部分。

特に、経済的にゆとりのある40代男性は社会的制裁を恐れるあまり「面倒ごとは金で解決する方が早い」と思ってしまいがち。いわば、40代男性こそ恰好のターゲットとも言えるのです。

そのため、悪徳な出会い系サイトに申し込んで登録する前に、しっかり回避する知識を身につけなければいけません。

特徴1.とにかく宣伝文句が派手

悪質な出会い系サイトは当然、女性と出会って楽しむ場所を提供する気は最初からありません。
登録や利用料の課金、さらには退会時の違反金、そしてメールアドレスや画像など個人情報の収集が目的と言っても良いでしょう。

ターゲットとなるのはもちろん、女性との出会いを求める男性陣。

そのため男性の心をくすぐるために

  • サクラ一切なし!素人女性の登録が圧倒的!
  • 当サイトは男性よりも女性の利用者が多い!
  • すぐにヤレる欲求不満な女性が活用中!

といった、派手な宣伝文句を使ってきます。

中にはよく見ると、まだ出来立てホヤホヤなサイトにもかかわらず、なぜか

  • 「何年も利用しているけど、毎回必ずセックスまでいける!」
  • 「ここで見つけたセフレと3回目の誕生日を迎えることができました!」

なんて支離滅裂な口コミが公式サイトで紹介されていることも……。

大手出会い系サイトでもないのに、派手な宣伝をしまくるところは避けるのが賢明です。

特徴2.そのわりには広告を見ない

悪徳出会い系サイトは基本、使い捨てのような扱いで金を巻き上げて「詐欺サイトだ」「悪質サイトだ」と名前や噂が広がれば、あっという間に出会い系サイトの名前も変えてしまいます。

そのため大々的にサイトを宣伝するつもりもないどころか、宣伝されたら困るなんてことも…。

  • 「今、一番出会えるサイトはココ!」
  • 「女性利用者数〇万人突破!」

なんて言いながらも、広告を見かけない弱小出会い系サイトは注意するのが良いでしょう。

実際に、優良サイトでおなじみのワクワクメールやハッピーメールなどは、渋谷や新宿、六本木などでビル看板やラッピングカーを走らせ、雑誌での広告も打ちまくっているため、男女問わず認知度があります。

女性利用者を取り込むのに必要なはずの広告を、一切見ないサイトは気を付けてください。

特徴3.入会や退会、料金システムが謎

そして、本来なら登録する前に入会や退会の手順、各種料金プランなど説明書きが読めるのが常識。

「詳細は会員登録後」なんて書いてある出会い系サイトは、1桁間違っているような料金プランなんてことも……。

いざ登録した後に悪質サイトだとわかっても、退会に事務手数料や違約金という名目で金を巻き上げようとしてくることがあるので、登録前に詳細がわからないサイトは見切りをつけるのが正解です。

悪徳な出会い系サイトを見極める3つの特徴まとめ

悪質な出会い系サイトの特徴を知ると「登録する前に危険を察知して、回避する」という大切さが見えたかと思います。

経済的にも社会的にも良いポジションをもつ40代だからこそ、無用なトラブルを避けるのが賢い男のやり方。

ぜひ「自分は大丈夫だ」と過信せずに、悪質サイトを見極めてくださいね。手堅くいくなら、有名どころの大手出会い系サイトに登録するのが最も安全と言えるでしょう。

40代であることを逆に武器にするメール戦術

年齢をかさねると周囲の人間関係も薄くなり、素敵な女性と出会うきっかけも少なくなっていきます。

でも、恋愛や出会いは若い男性の特権じゃない! 40代や50代でも出会いサイトで若い女性と毎晩ウハウハしている人がたくさんいるんです!

40代にはその年齢でしか出せない多くの魅力が存在します。

今からでも遅くない! その強力な武器活かして素敵な出会いに繋げていきましょう!

40代であることを逆に武器にするメール戦術まとめです。

40代からでも出会いは遅くない

若い頃なら街でのナンパや友人に紹介してもらうなど女性と出会えるきっかけは多かったけど……40代で新たな出会いってあまりないですよね。

そこで、出会いが少ない男性にオススメなのが出会い系コンテンツ!

恋人やセフレ探しにはうってつけですし、最初から直接会う必要がなくメールやLINEからやり取りを開始できるのも嬉しいポイント。

女性に慣れていない殿方でもメールなら時間をかけて文章を考えられますし、上手に使いこなせばメールだけで相手をその気にさせることだってできちゃいます。

出会い系でのメールテクニックを習得し、それを実践で活かしながら磨いていけば、40代でも50代でも恋愛につなげていくのはとても容易いことなのです!

40代を強みにする

まず、「40代のオッサンだから……」というネガティブな思考は捨て去りましょう。ポジティブに、40代であることを武器にするのです。

出会い系や特定の女性とメールでやり取りする場合は、落ち着いた感じを装い大人な雰囲気を醸し出すことがとても重要です。

顔文字やネットスラングなどはなるべく控えるほうが良いでしょう。あまりに使いすぎると逆に引かれてしまうので、たまに簡単なものを使う程度に控えましょう。

40代に求められているのは若さではありません、落ち着き払った大人でワイルドな要素であり、キャピキャピした感じなんて相手の女性は必要としていないのです。

出会い系でも年齢はプロフィール上に記載されます、それはつまり相手はこちらの年齢を把握しながらもやり取りをしているということ。

なので、相手の女性が求めているのはその40代という年齢!その魅力を活かしながら、やり取りを進めていくことが非常に重要なのです。

メールでは聞き手に徹する

女性、特に若い女の子はお喋りが大好きで、1日に2万単語以上発するそうです。

なので、やり取りをする女性に対しては徹底して聞き手に回るのが鉄則、相手に自分の魅力を知ってもらおうと熱弁するのはNG!

最初はお互いのことを知るためのやり取りが主ですが、ある程度関係が続くと会話のネタもなくなり、日々の不満や出来事を勝手に話すようになります。

「こんな酷いことがあった!」
「あの上司マジムカつく!」

など、思いの丈をぶつけてくる相手に対し

「なるほど、そんなことがあったのか」
「君は悪くないよ」

など、こんな感じで返しながら、熱心に話を聞いてあげているのを装うのがポイント。

この様なやり取りが続けば、相手は自分の話をしっかり聞いてくれる存在と認識しますし、いつの間にか何でも話せる間柄になるほど距離は詰まっていくのです。

俺の若い頃は~というのは絶対NG

メールでもお喋りでもそうですが、「俺の若い頃は~」という言い回しは絶対に使用してはいけません!相手に不快感を与えるだけです。

確かに年上の人は人生経験豊富でためになる知識を沢山持っていますが、説教じみた自分の過去話なんて相手は全然興味ありません。

なので、相手を諭す場合は「~な考え方もあるんじゃない?」や「相手は○○と思ってたんじゃないかな?」など、相手の気持ちを否定せず子供をなだめる様な感じでやるのがGOOD!

同じ目線で物事を見定め、一歩先の思考を持って会話すれば相手は自分よりも優れた人間だと認識するので、大人で頼りがいがある男性と思わせるためにはこういった言い回しが必要になるのです。

40代であることを逆に武器にするメール戦術まとめ

メールでのやり取りでもっとも重要なこと、それは『面倒臭がらず、しっかり相手と接すること』です。

しっかり相手の話を聞くことだって大人の魅力の1つ、まずはそこで相手を探りながら地道に距離を詰めていくのが大切。

関係を維持し、隙あらばデートやホテルに誘う。そのためにもメールはお互いを知るために欠かせないツールとなっているのです。

このステップ無くして素敵な出会いは生まれません、根気強く続けていきましょう。

40代男こそ、出会い系サイトの悪徳業者に騙されやすいって本当?!

出会い系サイトと言えば、悪徳業者の黒い噂は誰でも一度は耳にしたり、ビビったりしていることでしょう。

ですが中でも40代の男性こそ、悪徳業者に騙されやすいというのを知っていましたか?

あらためて悪徳業者やサクラとの違い、その劣悪たる手口を知るとなぜ40代男性が気をつけなければいけないのか…その答えが見えてきます。

悪徳業者とは?

出会い系サイトの場合、悪徳業者とはサイト自体が詐欺めいており、金を巻き上げるために存在しているかのようなもの。

いわゆる出会い系としてひとつのグループにまとめがちですが、ビル看板や雑誌、ネットでバンバン広告を打っている大手の出会い系サイトとはまったく違って、無名で弱小。

目をつけられれば、すぐにサイトを捨ててしまうのが悪徳業者。

そもそも、女性と出会える可能性すらないため、同じ出会い系サイトといっても大手と悪徳業者は意味が大きく違います。

サクラとはどう違う?

出会い系では”サクラ”の存在が切っても切り離せないものですが、「サクラ=悪徳業者」とも言い切れないのが難しいところ。

まず、サイト運営者自体が女性を用意し、会うつもりはないものの男性客に課金をさせるためにやり取りだけを続けさせるサクラがいます。

あるいは、キャッシュバッカーといって、一般女性が登録をして出会い系サイトからのポイントを貯めて換金するために、ズルズル会話を引き伸ばしていくことも……。

この場合、サイトが用意した女性を落とすのは難しい反面、素人のキャッシュバッカーなら「いい男がいれば遊んでも良いかも」なんて考えているので、必ずしも悪とは言えません。

さらに、無店舗型のデリヘルや箱ヘルといった風俗嬢がさも素人の利用者を振る舞って、出会い系サイトを活用することも……。

こちらは課金目的ではなく、会った後の交渉がメインなので必要経費で考えればWin-Winな関係ともなります。

もちろん、大手の出会い系サイトなら、女性利用者のメインは素人の一般人。これらサクラが混ざっている可能性もありますが、全員とは言いません。

とは言え悪徳業者の場合は、ほぼサクラのみ。素人を装った業者すら利用することはないので、まさに”会えない”可能性が圧倒的に高いと言えるでしょう。

そもそも、会える・会えないのレベルまで考えていない悪徳業者もゴロゴロ。中にはサクラすらやり取りがなく騙されてしまう男性もいるくらいです。

悪徳業者の手口

悪徳業者の手口としては、最終的に”金を巻き上げる”という言葉に繋がる話ですが、その方法は様々です。

ワンクリック詐欺、ツークリック詐欺

一方的に契約や課金の契約をしたり、支払いが発生するような状況に追い込むワンクリ詐欺も今ではさらにバージョンアップし、ツークリック詐欺やシャッター音を駆使して信憑性や不安を煽るタイプになっています。いずれも見に覚えがない場合は、関わらないのが良いですが出会い系サイトという”やましい気持ち”がある反面、未だに被害にあう男性も少なくありません。

不正請求、課金詐欺

特に会員登録後、退会ができなかったり目の飛び出るような金額の違約金や違反金といった不正請求をしてくるのも悪徳業者の手口。

すでに登録しているとこちらの落ち度と思ってしまいがちですが、相談や身の潔白を証明しようと連絡をすることで、よりターゲットとして絞られてしまいます。

違法行為の場合、相手が本当に裁判所や警察への被害届を出すことはないので気をつけましょう。もちろん、実際に優良サイトで利用した料金を踏み倒すことはできません。

メアド収集

悪徳業者は、狙ったターゲットからお金を巻き上げることができなかったとしても最後は何としてでも金に変えようとするのも見逃せないポイント。

最終的にはメールアドレスや本名、携帯番号といった個人情報を”売る”ことで収入に繋げようとしてきます。

いずれも繋がりがあるため、やはりできる限り最初の段階で見切りをつけるのが賢明。「悪徳業者だ!」と思い次第、離れるようにしましょう。

なぜ40代男性が注意なのか?

オレオレ詐欺といえば、子どもや孫がいる年配者がターゲットになっているもののこの悪徳業者の場合、ターゲットは40代と言い切っても良いくらい。

実は、社会的地位もあり経済的にもゆとりがあり妻帯者ならば妻はもちろん子どもや家、独身男性であっても会社や近所の目、親の目など世代的に最も「守りたいものが多い立場」と言えるのです。

そのため、無用なトラブルを避けようと必然的に被害にあう人も多くますます悪徳業者はターゲットを40代に絞ってきます。

実際、悪徳業者が展開する出会い系サイトでは40代男性にウケそうなデザイン、女性モデル、言葉を厳選していることも……。

「俺はそんなのに引っかからない」と思っている男性でもいざ悪徳業者に目をつけられた時に、守りたいものが次々と頭に浮かんでくるかもしれません。

まとめ

悪徳業者の被害に合わないためには、余計な深追いをしないのが1番。冷静さを失い、顔を真赤にしながら相手を追いかければ追いかける程、より被害にあうリスクが高まると言っても過言ではありません。

いずれの場合も悪徳業者は、金をだまし取るプロ。

「俺が騙される訳ない!」と鼻息荒く、対抗意識を出さないのも大切です。

心も身体も40代ペニスだけは20代

人間は、年を取るとぜい肉も付きますが、経験も積みます。ぜい肉は貫禄を付けるのに役立ち、経験は同じ過ちをしないために役立ちます。

熟年世代ともなると、肉体的には20代の若者にかなわなくても、それまでに積んできた人生経験が、出会い系サイトを使うときにも無駄にはなりません。

無駄にならないどころかむしろ、人生経験豊富な中高年は、出会い系においてもモテモテです。

熟年には、ガツガツしていた20代の頃のような焦りがないので、キレイな女を前にしても落ち着いて対応出来ます。

また、何かと若いうちは感情の起伏も激しく、ちょっとしたことにもいらだったり、極端な考えに染まりやすかったりもします。

そのような時期に、性欲だけは絶頂にあるわけですから、女性との関係もうまく行く方が稀なくらいでした。

こうした無粋ともいえる時期は誰もがすごしてきた道ではあるわけですが、今の若い女の子は、そういう同世代に自分を合わせなくなりつつあるのも確かなようです。

若いころは何かにつけて忙しい時期ですから、20代の若さを取り戻したいという思いはあるにせよ、未熟なころに戻りたいと思う人は、余りいないのもうなずける話です。

それどころか、二度と未熟な20代をやり直したいなどとは金輪際思わないのが、40代まで生き延びた男の実感だろうと思います。

ペニスだけは20代に戻したい

だけど肉体だけは20代に戻りたい。

この感覚はおそらく、出会い系サイトが40代にもたらした福音によるものではないかと察せられます。

人間誰しも若さを望みますが、若い女の子との付き合いが無ければ、普段は40代でも力の衰えを感じることはありませんから、肉体的な若さを取り戻したいとさほど思うことはありません。

ところが、若い女の子との付き合いが出来てしまうと、どうしてもこの問題に直面せざるを得なくなるわけです。

今度は切実に若さが欲しくなります。20代の頃のような猛々しいまでの迸りが蘇ることはないにしても、せめて中折れせず、持久力を維持したいとは誰しも思うことではないでしょうか。

またそれでなくては出会い系サイトをやる意味もありません。

体験的には、食事内容に留意することで、それなりの効果を得ることが可能であることは、多くの方がご存知だと思います。

滋養面の改善に着目して、この問題を克服する方法があれば、40代の出会い系サイト利用は一段と熱を帯びるかもしれませんね。

なにしろ、大手の出会い系サイトに登録をしさえすれば、選り好みしなければ間違いなく若い子の身体にありつけるのですから、あとは勃起力さえあれば円満解決です。

20代に戻れる精力剤の威力

今は本当にありがたい時代です。若い子と知り合うためのツールが出会い系サイトなら、知り合った後に楽しく過ごすためのツールとして、勃起力を回復させる夢のような錠剤があるのです。

種類も多く、使用目的に合わせて選ぶことが出来ます。

副作用を心配される方もいらっしゃいますが、ペニスが勃起する原理を知れば、それが杞憂であることも分かると思います。

大雑把にご説明しますと、ペニスの勃起は海綿体に血液が勢いよく流れ込むことで生起しますので、血流や血管の状態と無関係ではありません。

血流は心臓と体中に張り巡らされた血管の状態から影響を受けます。血液をペニスに勢いよく流れ込ませるためは、ペニスの中で束を作る毛細血管を膨張させる必要があります。

多くの精力剤は、含有される成分によって、血管に刺激を与え膨張させることで、血流を促進させるようになっています。

血管はもちろんペニスの中にだけあるわけではありません。身体全体に張り巡らされています。

ですから服用した精力剤は、身体全体の血管にも作用しますので、身体全体の血液の流れを良くする効果を持ちます。

爾来、健康の要諦は血液サラサラとも言われ、血液が滞ることなく流れることだとされているのは周知の事実です。

精力剤はまさに、この血液サラサラの状態を作り出すのに役立つのです。その結果がペニスにあっては勃起力の回復として現れ、その持続時間も一度の性交には申し分なく効き目を発揮します。

したがって精力剤は、身体全体の健康維持・増進に役立ちこそすれ、深刻な副作用をもたらすようなものではないのです。

出会い系と精力剤があれば人生をエンジョイ出来る

20代のいわゆる若気の至りは繰り返さず、それでいて20代とさして変わらぬ精力が蘇るのであれば、もはや出会い系サイトを使わない理由もないくらいのものではないでしょうか。

なにしろ大手の出会い系サイトに登録しさえすれば、確実に若い女の子と知り合うことが出来ます。

出会い系サイトで知り合うということは、そのままセックスが出来る関係が出来たことを意味します。

人類社会は長い期間を経て現在、ほぼ完璧なツールを二つ、40代の男の前に用意しています。すなわち出会い系サイトと精力剤です。

これを使うか使わないかはあなた次第です。

出会い系サイトでネットナンパを成功させるには実際に街を歩くことが重要というお話

222106出会い系サイトでネットナンパを成功させるには実際に街を歩くことが重要なのです。

もう俺の年でナンパなんか出来るわけないよ。

なんて思うかもしれません。

もちろん、当サイトでは、ストリートナンパをオススメしているわけではないのです。

出会い系サイトで成功するためには、街に出ることも重要だというお話なのです。

出会いを諦めかけている中高年の方でも、何かのきっかけをえると、あとは面白いように異性の友達が出来たりします。しかも、年相応の熟女ばかりか、若い女の子までなびいて来たりしますから、世の中何が起こるか分かりません。

ただ、「計画しない未来は絶対にやって来ない」というマーフィーの法則にある通り、異性と出会いたければ、ナンパを成功させるための行動に出ることは絶対に必要です。

異性との出会いを達成させるために、最終的には出会い系サイトを使いますが、その前に準備段階として、街の中で出来ることがあるのです。

出会い系サイトも準備をして臨めば、成功率は格段と高まります。まずは道を歩く準備から始めましょう。

身だしなみを整える

ネットナンパ師にとって、道(天下の公道)を歩くのは、女性とすれ違うためです。

すれ違う際に見せる女性の反応に注意します。

色よい反応を引き出し、それなりの感触を得るためにまず、身だしなみに気を配ります。

何しろ公道では、不特定多数の全く面識のない女性とすれ違うわけですから、面識がまったくない以上、与え得る印象はファッションを含めた身だしなみに大きく依存するのは当然です。

身だしなみといっても、何も無理をして高い服を着る必要はありません。また、フォーマルウェアである必要もありませんし、毎日散髪をするにも及びません。

清潔感が第一です!

それが全てといってもいいくらいです。

よく洗ってあるジーンズなら、穴が空いていても構わないんです。擦り切れていてもオッケーです。

ただし、本当に汚らしく、ヨレヨレ、ボロボロといった感じになると、それはまずいです。

それが自分にとってのライフスタイルでありファッションであっても、不潔感が出てしまうと、女性は途端に回避行動に入りますから注意してください。

身だしなみの要諦は、とにかく清潔で、相手に好ましい印象を与えることです。

第一印象で、思わずこんな人とお近づきになりたいな、と思わせるまでに洗練され高度化されますと申し分ありません。

同じ時間に同じ道を歩く

定時に出勤する仕事を持っていらっしゃる方であれば、毎朝ほぼ同じ時間帯に同じ道を歩かれていると思いますが、あえていつもの時間より10分程度早く出られることを推奨します。

万が一不測の事態が起きても、その時は元の通勤時間帯に戻せば、顔を合わせる人はがらりと変わるからです。

フリーで仕事をされている方なら、散歩の時間とコースを多少工夫することで、同じことが出来ますね。

コースには、駅やオフィス街の近辺など、出来るだけ多くの人とすれ違える場所を組み込みます。すると、毎朝決まった時間を一月も歩きますと、いつのまにか顔を覚える人も出てきます。

とはいっても、名前も知りませんし、素性も分からなければ、勤務先さえつかめません。ただ、すれ違いに顔を覚えるだけのことです。

それだけのことなのですが、夥しい通行人の中から、特定の人の顔を覚えるということは、ある程度気になるところがあるからです。

逆に、相手の方からこちらに注意を向ける人も出てきます。

その時、相手に与える印象は、先の身だしなみに依存することは言うまでもありません。

そんな感じで、アイコンタクトし合う人が何人か出てきたら、早速分析に掛かります。

分析といっても難しいことはありません。

まず、自分が気になる相手の年代、そして相手の反応がどうなのか。

次に、自分を気にする相手の年代、そしてその様子を窺っておきます。

相性が見出されたら出会い系に切り替える

自分が気になる年代、例えば40代の方であれば、相手も同じ40代くらいの熟女がいいかなと思えば、道行く人の中で自ずと脈のありそうな熟女に目が行きます。

毎朝アイコンタクトをすれば、相手も次第に意識し始めて、満更でもない反応を返してくれるようになるかもしれませんね。

あるいは、あえて気付かない振りをして通り過ぎていくかもしれませんし、気持ち悪がって道順を変えるかもしれません。それも反応です。

次に、街角で見逃せないのは、自分が予期していなかった世代からの反応です。

自分が興味を持つのは熟女でありながら、20代、30代の女の子から意識されるなんてこともあり得るのが、街角での邂逅というものです。

このような感じで、自分に意識を向けてくる見ず知らずの女性の反応を分析し終えたら、いよいよ出会い系サイトに登録をします。

ここで大事なことは、アイコンタクトである程度いい感触を得たからといって、そのままストリートナンパをしてみようなどとは、ゆめゆめ思わないことです。

現在、ストーカー規制法、迷惑防止条例など、ストリートナンパには逆風が吹いていることでもありますが、中高年がストリートナンパを成功させる確率は非常に低いからです。

無駄なことに時間を費やすことなく、出会い系サイトに登録をすることが吉というものです。

リアルでのアイコンタクトに、後ろ髪を引かれる思いでいらっしゃるとは思いますが、先に書きました理由から現況、ストリートナンパは難易度の高いものになっています。

たださえアイコンタクトは誤解も招きやすい仕草ですので、万が一女性から付きまといで当局に通報されても困りますから、そのような心配が一切ない出会い系サイトが安全なのです。

とりわけ大手出会い系サイトであれば、無用な心配は一切要りません。ここで相手探しを本格的にスタートさせることにします。ここからが本当の始まりです。

出会い系サイトに登録をして最初にすることはまず、プロフィールの作成になります。ここでも、ストリートでの検証が役立ちます。順を追って説明します。

出会い系での身だしなみはプロフの作り込み

ストリートを歩いて見ず知らずの女性とすれ違う際、好ましい反応を得るために身だしなみを整えたように、ネット上でも好ましい反応を得るには、身だしなみを整えた方がいいことは、ストリートと何も変りません。

出会い系サイトで身だしなみに相当するのは、プロフィールの作成になります。

知らない相手に自分の印象を少しでも良くするために、清潔感のある服装と髪型で街を歩くのと同様、プロフィールも思わずこの人と知り合ってみたいなと思わせる、好感を抱かれやすい作りにするのがベターでありマスト項目となります。

プロフィールを作る上で最も重要となる掲載写真は、すでにストリートで検証を済ませた服装と髪形で撮影したものを使うのが最適です。リアルでの女性の反応によってお墨付きを得ているのと同じですから、これほど説得力のあるものもありません。

あとはストリートでの分析結果をフィードバックして、プロフィールを作り上げていきます。例えば街角で、30代、40代の女性からの反応が最も良かったのであれば、その年代の女性との出会いを希望している旨を明記します。

ストリートの反応から対象を絞り込む

プロフの作りこみが終わったら、出会い系の中からお相手探しに入ります。街角アイコンタクトで得られた分析結果から、ターゲットとする年代を絞り込みます。

まずは自分の好みとする年代で検索をかけると同時に、いい印象を与えたであろう年代も追加します。

魚心あれば、水心ですから、熟女が好きな人には、熟女が寄って来る可能性が高いのは事実ですが、それだけとも限らないのが、男女間の綾というものですね。

とかく検索対象は、自分の好みの年代だけに合わせがちですが、興味を持ってもらえる年代が別のところにもあり得ることは、街角調査でお分かりいただけたことと思いますので、それを常に頭の中に入れておく方が、出会い系での可能性を高めます。

実際、熟女にしか興味のなかった中高年の方が、出会い系で年下の女性から好意を寄せられ、付き合い始めた例は枚挙に暇ありません。

まして、ストリートで年下の女性からアイコンタクトされ、好意ある反応が得られているのであれば、出会い系でもマッチングする可能性は相当程度に高いといえます。

面接ではストリートで練り上げた身だしなみが役に立つ

検索結果からコンタクトを取った女性とのメールでのやり取りが首尾よく進めば、いよいよ面接に臨むことになります。

初対面の女性と会うに際して、まず気になるのは自分の服装選びですが、ここでもストリートでの検証結果が役立ちます。

街でしたアイコンタクトに好ましい反応を得るために考えた服装が、そのまま面接にも使えるからです。

それだけに、清潔感のある服装については、街角で検証作業をしている際に、十分研究をしておくといいですね。街角の見ず知らずの相手で反応を試しておけば、面接でも着る服に困りません。

そして、出会い系サイトを介した出会いの場合、その日のうちにラブホテルに向かうことも珍しくありません。

こちらの本番に備えた準備も必要です。

女性と至近距離で接する際、とかく中高年男性が抱きがちなコンプレックスのひとつに体臭、いわゆる加齢臭があります。

その生成メカニズムについては専門のサイト等に譲るとしまして、加齢臭を漂わせる一番の原因は、耳の後ろを含めた後頭部にあるといわれています。

耳が一番臭いやすいことは、男女共に言われていることですが、男性の場合、さらに後頭部が臭いを発することは意外に知られていないようです。

したがって、加齢臭対策としては、洗髪がもっとも有効な手段になりますので特に、後頭部はブラシなどを使ってゴシゴシと音を立てるように洗うようにします。

出来れば面接の前だけでなく、普段から出かける前にこれをしておけば、加齢臭によるコンプレックスに悩まされることはなくなります。臭いのない清潔な体は、対人関係で自信にもつながります。ぜひ、お試しください。